FC2ブログ
        

上野三碑とは  山上碑 多胡碑 金井沢碑

2019/ 01/ 03
                 

 平成30年10月28日の県民の日、山上碑を初めて訪れました。

 2上野三碑めぐりバス -


 このときは、ガラス越しでの御目文字となりました。
 その折に、次の日曜日の11月4日は、上野三碑が一般公開されるということを、ボランティアの方から教えて頂きました。

 平成29年(2017年)10月31日、上野三碑(こうずけさんぴ)は、ユネスコ「世界の記憶」に登録されました。三つの碑は何れも国の特別史跡に指定されています。
 
  県民の日、「上毛かるたの世界」展を観に、群馬県立歴史博物館を初訪問しました。
 その折に、上野三碑についての予備知識をあれこれ得ることができました。

 3山上碑 レプリカ -
   山上碑レプリカ



 4多胡碑 レプリカ
   多胡碑レプリカ


 5金井沢碑 レプリカ
   金井沢碑レプリカ




 ~ ~ ~ 上野三碑(こうずけさんぴ)とは、群馬県―古代上野国(こうずけのくに)―高崎市南部地域に所在する、飛鳥・奈良時代に造立(ぞうりゅう)された三つの石碑の総称です。
 日本国内で現存する平安時代以前の古碑はわずか二十例ほどに過ぎず、高崎市域における三例の集中は、歴史的にきわめて特筆されます。このような重要性から、三碑はいずれも国の特別史跡に指定されています。
 それぞれの碑文からは、千三百年前頃の地方行政制度のあり方、古代豪族(ごうぞく)の婚姻や氏族のつながり、仏教思想の広がりなど実に多くのことが明らかになり、古代東国史の一級資料と評価されています。
 文字を駆使し、石碑を建てる文化は、飛鳥(あすか)時代に朝鮮半島や中国からもたらされたものです。このため、当地域の豪族の地域経営には、渡来人の知識層―主として新羅(しらぎ)系の人々―が参画し、当時の日本の中でも高い文化度を誇っていたと考えられます。
 ・・・ 山上碑は、完存するものに限れば日本最古のものとして知られ、古代最大の内乱「壬申(じんしん)の乱」を征して即位した天武(てんむ)天皇の時代に造立(ぞうりゅう)されました。 ・・・
「上野三碑」パンフレットより抜粋 ~ ~ ~


 1日本の古代石碑.
   (※7「阿波国造碑」のみ、塼(せん)〈焼き物〉製




(※追記:1月3日の朝も、小谷地区の冬水田んぼには、ハクチョウは舞い降りていませんでした。)