FC2ブログ
        

市原悦子さんを偲ぶ クルヴェット、天から舞い降りる 氷点  

2019/ 01/ 14
                 

  昭和41年(1966年)1月23日から4月17日まで、NETテレビで連続ドラマ化された、三浦綾子原作の『氷点』。
 放送時間は午後10時からの1時間番組でした。
 出演は、新珠三千代、芦田伸介、内藤洋子、市原悦子と名前が続きます。
 医師辻口啓造(芦田伸介)の妻、夏江(新珠三千代)の女学校時代からの友人、藤尾辰子を演じていたのが市原悦子さんでした。
 彼女は資産家の一人娘で、花柳流の名取りで日本舞踊のお師匠さんです。
 辻口家の娘、陽子(内藤洋子)を日頃可愛がっていて、ある事情を知ることにより陽子を養子にしたいと夏江に申し出ます。
 そんな役柄に身を投じていたのが市原悦子さんでした。
 内藤洋子さんとのツーショットが今でも思い起こされます。

 

 昭和42年(1967年)、俳優座で公演された『クルヴェット、天から舞い降りる』

 テレビで上映されたのをみました。

 市原悦子さんがクルヴェットです。
 劇中で、悦子さんが、トントントン お父(とっ)ちゃんには内緒だよ・・・というセリフがまだ耳元に残っています。

 ハチャメチャな展開が続く舞台の演出には目が離せませんが、ラストシーンは、願ったり叶ったりというプチポン医師のセリフで終わります。

 
                 
        

鴻巣冬水田んぼの水鳥 サギの姿 ハクチョウいまだし

2019/ 01/ 14
                 

 昨年12月の満月は23日でした。
 今年の1月の満月は21日です。
 年末最後の満月は夜の暗いうちの2時49分でしたが、年明けの最初の満月はお昼過ぎの14時16分です。

 満月の時に舞い降りてきた昨シーズンのハクチョウ。

 今シーズン、冬水田んぼにハクチョウの飛来をみていません。
 12日も、13日も小谷地区に足を運びましたが、徒労におわりました。
 13日は野鳥の姿は一羽も見かけませんでしたが、12日は水鳥が二羽、冬水田んぼに降り立っていました。

 
 1 シロサギ -


 2 アオサギ