FC2ブログ
        

ストリートピアノ 鴻巣市役所本庁舎市民ロビー

2019/ 07/ 25
                 
 平城山を下手の横好きピアノ弾く拙さカヴァー歌詞奥深し

  (田舎の家にあったアップライトピアノ。幾つかの童謡、荒城の月、ネコふんじゃった(正しい曲目は忘れました)、エリーゼのために(途中まで)など、楽譜を見ながら手前勝手に弾いてみた時代もありました。)



 都庁おもいでピアノ



 いつでも誰でも自由に弾ける「ストリートピアノ」を定点観測 NHK『ドキュメント72時間』。
 NHK BS1 『駅ピアノ』 『空港ピアノ』
ロンドン、アムステルダム、チェコ・プラハ、ロサンゼルス、…
 シチリア島、ミネアポリス、オーストラリア・ブリスベン、マルタ島、…

「ストリートピアノ」知っていますか?
 街角に置かれた自由に弾けるピアノ。
 2008年にイギリスのアーティストが「Play me, I’m yours」と題して始め、今では世界中に広がっています。

 日々の調律、保全や維持費など、テマヒマコストがかかる、ストリートピアノ。
たたずんで聴くもよし、弾くもよし、横目に見ながら通り過ぎていくのもよし。
 鴻巣市役所本庁舎市民ロビーに、令和元年七月から、ストリートピアノが置かれています。

利用日 :平日
 (※イベント等のため利用できないことがあります。)
利用時間 :12時00分~12時55分
(※ひとり10分まで。予約は受け付けていないとのことです。)