FC2ブログ
        

水シリーズ 元荒川と忍川の合流地点

2019/ 10/ 01
                 
  古レール忍川架かるアーチ橋


 1-1忍川前屋敷橋


 1-2忍川
(以前は、「新忍川」と「旧忍川」とに区分されていましたが、「新忍川」の現在は見ての通り「忍川」という表示になっています。)



 鴻巣市川面(かわづら)216-2と鴻巣市袋(ふくろ)1530-1を結んだ線上あたりに、元荒川(もとあらかわ)と忍川(おしかわ)の合流地点があります。

12-1元荒川と忍川の合流
  (「元荒川橋」から上流の「元荒川」と「忍川」を見る。)


 元荒川は、熊谷ムサシトミヨ保護センター〈熊谷市久下2148-1.Tel048-594-6037〉の試験池から注がれた水を源として、越谷市中島で中川に合流する延長60.7km、流域面積208.9k平方メートルの一級河川です。そのうち、中川合流点から星川〈※:註〉合流点(白岡市)までの35.8kmが、総合治水対策特定河川事業に指定されています。
 星渓園(「玉の池」と呼ばれていた湧水池)〈熊谷市鎌倉町32〉から湧き出た水が星川(ほしかわ)の流れとなり、星川通りに沿って熊谷市内の暗渠を通るまでを一般的に星川といっているようです。
 忍川(おしかわ)〈(新)忍川の区間に、現在13の橋が架けられていますが、うち6基が鉄道の古レールを再利用したアーチ橋、2基がラーメン橋台橋とのことです。〉と名前が変わった川は、行田市内を流れ、鴻巣市の武蔵水路にクロスするほんのちょっと上流で、元荒川に注ぎこまれています。〈ここで説明している「星川」と、(※:註で記載されている、熊谷市市街地北部を流れて下流に向う「星川」とは、違う川です。〉

 1-11 水鳥.


 1-4元荒川川面橋
 (忍川と合流前の元荒川に架かる川面〈かわづら〉橋.)




 1-7元荒川橋
  (「元荒川橋」地点のちょっと前で、「忍川」は「元荒川」に合流します。)


 1-5武蔵水路
 (「武蔵水路」はサイフォンにより、「元荒川」の下を潜り抜けていきます。〈大改修」以前の水路は一つでしたが、改修以後は二つの流れとなっています。)