FC2ブログ
        

水シリーズ 利根大堰の取水口、導水量は毎秒最大131㎥

2019/ 10/ 12
                 
 分かち合う坂東太郎生命(いのち)水


 5-1利根大堰5つの用水路口




 坂東太郎の大河を堰き止め、8つの取水口が設けられている利根大堰.

「利根導水の役割」を、独立行政法人水資源機構利根導水総合事業所の公式サイトから紹介致します。
・第1の役割-利根川の水を東京へ!
・第2の役割-取水口の統合!
・第3の役割-隅田川の水をきれいに!
~現在では、東京都水道局の約4割、埼玉県企業局の約8割の給水エリアの方々へ水道用水を送水しています
この水不足を解消するため、これらの取水口を合口して近代的な取水施設利根大堰がつくられ、取水の安定化・合理化を図りました。
~現在では、群馬県、埼玉県から東京都に広がる約29,000ヘクタール耕地の水配分を計画的に行っています
~武蔵水路が荒川に運んだ利根川の水の一部が、新河岸川を経て隅田川に注ぎ込まれ、隅田川の水質浄化に役立っています。
河川水を浄化用水として導水し、水質汚濁に悩む河川を浄化する試みとしては日本では最初のものです


◇邑楽用水路〈導水量=Q=毎秒5.111立方メートル〉
  →・利根加用水.・昭和用水.・坂東用水.・北川辺領用水.
 5-2邑楽用水路


◇埼玉用水路〈Q=毎秒29.493立方メートル〉
  →・羽生領用水.・葛西用水.・稲子用水.・古利根用水.
 5-3埼玉用水路


◇武蔵水路〈Q=毎秒50立方メートル〉〈註:※〉
  →荒川→・吉見浄水場〈Q=1.712立方メートル〉.・朝霞浄水場〈Q=毎秒29.829立方メートル.・浄化用水〈Q=23.400立方メートル〉→新河岸川.・秋ヶ瀬取水堰.・大久保浄水場〈Q=12.885立方メートル〉
 5-4武蔵水路


◇見沼代用水〈Q=40.017立方メートル〉
 →「P=揚水機場」→「浄化」→・朝霞浄水場
 5-5見沼代用水路


◇行田浄水場〈Q=4.815立方メートル〉 
 5-6行田浄水場 -


◇利根加用水〈Q=1.910立方メートル〉
◇騎西領用水〈Q・・・〉
◇中島用水〈Q・・・〉

〈◇利根導水路.◇須賀樋管.◇水資源機構〉
 5-7-利根総水路・須賀樋管・水資源機構





〈註:※=武蔵水路
・位置:埼玉県行田市須賀地先~埼玉県鴻巣市糠田地先
・延長:約14.5㎞
・最大導水量:毎秒50㎥
・流量調整堰[1か所]
・伏越[8か所]
・樋管
・整水ゲート[5かしょ]
・放流口〔6ヶ所〕
・水門[3か所]
・排水機場
・小水力発電