FC2ブログ
        

AOKI ダブル抗菌・洗えるクールマスク 第5回 3万人分に当選

2020/ 08/ 04
                 

梅雨明けかメールが届く当選のクールマスクはありがたきかな


  1303 aoki クールマスク


 関東地方梅雨明けの8月1日、指定のAOKI店に出向き「ダブル抗菌・洗えるクールマスク」を手にしました。
 1箱20枚入りとなっていますので、これからの盛夏、まことにありがたい当選となりました。
今回の5回目は3万人が当選したそうです。


  1302 aoki ロゴマーク


 次回6回目の抽選〈2万人分〉は、8月5日(水)の午後5時まで応募を受け付けることになっています。
 ご参考ください。


                 
        

CAC 絵画研究会小品展 滝瀬豊子 斎藤正治 西利則 会場:カフェ&ギャラリー 香文木

2020/ 08/ 03
                 

梅雨明けて展示空間ほのぼのと心さざ波明日に向いて


 2104 斎藤正治 春雷(模写、アルボ―、荒野の群馬より) F8号 アクリル
  〈斎藤正治 春雷(模写、アルボ―、荒野の群馬より) F8号 アクリル〉


 「CAC 絵画研究会小品展」は、三人展でした。

 西利則 藤籠と胡桃 鉛筆
 〈西利則 藤籠と胡桃 鉛筆〉


 滝瀬豊子 果物 F8号 油彩
 〈滝瀬豊子 果物 F8号 油彩〉


 滝瀬豊子、斎藤正治、西利則〈主催者〉の諸氏です。 


 滝瀬豊子 静物 F8号 油彩
 〈滝瀬豊子 静物 F8号 油彩〉


 斎藤正治 ガス燈(小平、ガス資料館) F8号 アクリル
 〈斎藤正治 ガス燈(小平、ガス資料館) F8号 アクリル〉


 西利則 ラファエロ作「大公の聖母」模写 油彩
 〈西利則 ラファエロ作「大公の聖母」模写 油彩〉


 偶然とはいえ、午後のひととき、食事を頂きながら拝観する幸運に恵まれました。


 斎藤正治 習作「レモン」 f4号 水彩・アクリル.j
 〈斎藤正治 習作「レモン」 f4号 水彩・アクリル〉


 西利則 玉葱 F4号 水彩
 〈西利則 玉葱 F4号 水彩〉


 「油彩」、「水彩」、「アクリル」、「鉛筆」、「模写作品」と多岐にわたる出品リストから、滝瀬豊子さんの作品3点、斎藤正治さんの作品4点、西利則さんの作品4点をご紹介致します。


 滝瀬豊子 静物 F6号 水彩
 〈滝瀬豊子 静物 F6号 水彩〉


 斎藤正治 テレワークの休憩 F8号 水彩
 〈斎藤正治 テレワークの休憩 F8号 水彩〉


 西利則 百合のある静物 F3号 油彩
 〈西利則 百合のある静物 F3号 油彩〉


   ⇒ 2020年8月2日までの作品展でした(^-^)/




 カフェ&ギャラリー 香文木
  埼玉県鴻巣市常光1989
   Tel&fax 048-542-0923
   営業時間 午前11時から午後5時〈LO4時半〉
    火曜日定休

                 
        

西利則 CAC 絵画研究会小品展 於香文木

2020/ 08/ 02
                 

 めぐりあいひととき憩うギャラリーのそこはかとなき静謐の午後


803 カルロ・ドルチ作「悲しみの聖母」模写 油彩
 ( カルロ・ドルチ作「悲しみの聖母」模写 油彩)





 「CAC 絵画研究会小品展」主催者の西利則氏は、油彩画5点、模写作品3点、水彩画5点、鉛筆画3点の出品です。


 801 座る人〈薄桃色のスカート〉 水彩f12号 西利則
  (座る人〈薄桃色のスカート〉 水彩F12号)
 

 804 果実とティーセット 油彩 F6号 西利則 於「香文木」
 (「果実とティーセット」 油彩 F6号)


 802 リャドロ人形 鉛筆
 (「リャドロ人形」 鉛筆画)


 「座る人(薄桃色のスカート)」〈F12号.水彩〉は、案内はがきに載っていた作品です。
 カメラレンズが秀でていないため、女性の肌合いのそこはかとない趣が浮かびあがってみえないのが、とても悔やまれます。


 カフェ&ギャラリー 香文木
  埼玉県鴻巣市常光1989
   Tel&fax 048-542-0923
営業時間 午前11時から午後5時〈LO4時半〉
 火曜日定休


                 
        

八朔 秋艸道人 會津八一 白雲三題

2020/ 08/ 01
                 

 わがみとてくもになぞらえおもほゆる
 ふるさととおくかぜのかそけき


 會津八一 無


 葉月をうたいこんだ歌があるかなと、自著も含め会津八一本をあれこれ手にしました。
 月々では、水無月を詠んだ信濃での短歌には思い当たりましたが、八月を描写した歌は見当たっていません。
 葉月朔日、八朔、八月一日は、秋艸道人、會津八一の生まれた日です。
 2020年8月1日は、八一の生誕139年にあたります。
 八一は、白雲に身をなぞらえた歌や書を幾つか遺しています。


 會津八一 学規


 しげりたつかしのこのまのあをぞらを
 ながるるくものやむときもなし


 かぎりなくみそらのはてをゆくくもの
 いかにかなしきこころなるらむ


 すゐれんのうきはまだしきいくはちの
 みずにかがよふはるのしらくも


會津八一


  おりおりのわが身の心のさま、詠い込まれた雲のそれぞれが、會津八一という人物像をいみじくも映しだしています。
  八一没して、すでに63年が経っていました。


 會津八一 秋艸道人 -


 みすずかるしなののはてのむらやまの
 みねふきわたるみなつきのかぜ


 からまつのはらのそきへのとほやまの
 あをきをみればふるさとおもほゆ


 ふるさとのほたのほなかにおもほゆる
 うらわかきひのちちのおもかげ


 會津八一 空 -