FC2ブログ
        

2024年の中秋の名月は9月17日

2020/ 09/ 17
                 

 中秋にふと見上げると百日紅


  20200916百日紅4


 曇天にもかかわらず、枝のあちこち、ここかしこに色鮮やかに咲いていた、お隣の百日紅を垣根越しに見ました。
 一句、ほのぼのと浮かんできました。

 令和2年の中秋の名月は、10月1日です。
 4年後の中秋の名月は、9月17日です。
 ここに載せた百日紅の花は、昨日16日に撮った写真です。
 10月1日になっても、百日紅の名のごとく見事に咲いているさまを思い描いた一句が浮かび上がってきました。
 そうでしたね。さるすべりは夏の、中秋は秋の季語でした。


中秋の名月のならわしには、おもに次のようなものがあります。
◇月見
◇月見団子(だんご)を供える
◇ススキを供える
◇収穫物を供える
◇秋の七草を供える
◇月見どろぼう〈註:※1〉

 〈註※1:お月見どろぼうは、各地で行われている子供たちのお月見イベントのひとつ。
中秋の名月(十五夜)に飾られているお月見のお供え物を、この日に限って竿のような長い棒の先に釘や針金をつけてお団子を盗んだそうです。
子供たちは月からの使者と考えられていたといわれ、
・お団子を盗られることは縁起が良い。
・お団子を盗られた農家は豊作になる。
・盗んだお団子を食べた子は長者になる。
・七軒盗んで食べると縁起が良い。
といういわれの元、この日に限り盗むことが許されていました。お供えする側も縁側の盗みやすい位置にお供えするなど工夫していました。(出所:ウエザーニュース.2018年9月18日)