FC2ブログ
        

秋の夜を彩る花火大会

2014/ 09/ 17
                 
「市制施行60周年記念」と銘打ったイベントが、目白押しです。その一つ「第13回こうのす花火大会」。見どころは、日本一の認定を受けたラストスターマイン「鳳凰乱舞(おおとりらんぶ)」。尺玉300連発に正三尺玉と世界一の大玉「正四尺玉」を盛り込んだ名実ともに日本を代表するプログラムです。ラストを飾る正四尺玉は、川幅日本一の鴻巣市だからこそ打ち上げられる大輪の華です。色鮮やかな色彩や迫力満点の音と振動をぜひ会場で体感してください。

 とき/10月11日(土) 18時開会 ※雨天時は10月12日(日)に順延
 ところ/糠田(ぬかだ)運動場(〒365‐0059.鴻巣市糠田1073‐1)及び荒川河川敷
 ラジオ放送/フラワーラジオ(FM76.7MHZ)で実況中継します。
 問い合わせ/鴻巣市商工会青年部(✆ 048-596-0965)

 昨年40万人の人出だったということもあり、今年の会場設営は、多くの変化点があります。一つ、有料観覧会場(鴻巣駅西口から徒歩35分)と無料観覧会場(鴻巣駅西口から徒歩20分、御成橋近く)と明確に区分したこと。二つ、駐輪場を会場近くに5か所設置したこと。三つ、こうのす花火大会のオフィシャル駐車場として、荒川対岸の吉見総合運動公園内(比企郡吉見町今泉141)に、2000台パーキング(am9:00から開場.1,000円/1台1日)できる仮駐車場を公設したこと。四つ、同じく吉見総合運動公園内に、無料観覧会場をオフィシャル会場としてご案内したこと。などがあげられます。

 こうのす花火概要  http://kounosuhanabi.sakura.ne.jp/gaiyo.html

かがやき 9月号



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント