FC2ブログ
        

 サケの遡上・採卵観察会利根大堰2014 鮭の産卵-シリーズ8- 

2014/ 11/ 17
                 

 
 坂東太郎(利根川)の鮭の便り

 坂東太郎(関東の利根川)、筑紫二郎(九州の筑後川)、そして四国三郎(四国の吉野川)と、いつだったかの小学校の教科書に載っていたことがありました。
 鮭が遡上する川の南西域限度となっているのが、坂東太郎の異称を誇る日本一の領域面積を持つ利根川です。

 11月8日の土曜日、利根大堰の『大堰自然の観察室』※の広場で、「サケの遡上・採卵観察会」が開かれました。
(※土曜、日曜も含めて毎日8:30~17:00の間、第1号魚道を通る魚たちを窓越しに観察することが出来ます。
広い駐車場があります。車を使う場合は、独立行政法人水資源機構利根導水総合事業所の住所(埼玉県行田市大字須加字船川4369)と電話番号(048-557-1501)を参照してください。事務所から徒歩10分ほど、車で3分ほどの、武蔵大橋の袂の利根川河川敷に位置したところに「観察室」と「駐車場」があります。→なお、事務所は、土曜、日曜、祝日は休日となっていますので、所内の駐車場は利用できません。)

 利根大堰では、毎年鮭の卵を採卵します。放精し、受精した卵が、3か月から4か月経って稚魚になると、同じ場所で放流が行われます。
 鮭の子供たちは、ここから利根川を154km下って、太平洋にたどり着きます。
 そしてまた、大海原に向かって旅立っていきます。
 何千キロメートルの旅程を経て2年から6年後には、鮭がまた同じところに回帰してきます。
 

会場の旗
 今年で8回目を数える、利根大堰 サケ遡上・採卵観察会。1,500人の人が訪れました。
 
サケのメス
 サケのメス

サケのオス
 サケのオス ・ハナが曲がっていて、メスに比べていかつい顔をしています。





関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント