FC2ブログ
        

 サケの遡上・採卵観察会利根大堰2014 鮭の産卵-シリーズ9- 

2014/ 11/ 17
                 



 坂東太郎(利根川)の鮭の便り、鮭の産卵シリーズとして9回目の今回をもちまして完了です。
 悠久何千年、何万年という人間の歴史より遥かに遠く深い鮭のヒストリーが、坂東太郎の滔々と流れる水の中に、今も息づいています。


 8回目の利根大堰「サケの遡上・採卵観察会」(独立行政法人水資源機構利根導水事業所・行田市.協力:埼玉県農林総合研究センター水産研究所・群馬県水産試験場)は、2014年11月8日(土)、1,500人の人たちに囲まれて開かれました。

 ・麻酔をかけて、鮭をおとなしくさせてから採卵観察会の会場に運びます。
 鮭の体を拭き清めます。
  ・お腹を擦ってメスから卵、オスから精子をそぎ落とします。
  ・丈夫で元気な子孫を残すために、メスは一尾の卵を、オスは二尾の精子を使います。
  ・採卵、海水を卵にそそぐ、放精という順序がキチンと決まっています。
・白濁して晴れて受精卵となります。
※いつも、採卵は3回とのことだそうですが、もう1回見たいという希望に応えて頂き、4回の採卵となりました。
  
採卵③
 採卵

卵④
 卵に水をかける

放精⑤
 放精

白濁⑦
 白濁し、受精となります。

※ (念のためですが) 役割を終え、麻酔から覚めた鮭たちは、利根川に還されます。


 クイズのQ&Aが続いています。
 ・・・「行田古代ハスの展望タワーの高さは50メートルですが、ここの事業所に設置されているパラボラアンテナの鉄塔と比べて、どっちが高いですか。」 ・・・「答えは、ここの鉄塔です。高さは75メートルあります。」・・・
 熱気を帯びた最終プログラムは、終了予定時刻を30分弱ほど過ぎたころ、大団円を迎えました。




関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント