FC2ブログ
        

 ヒカリミチ 2014~未来を照らす光

2014/ 12/ 16
                 
ヒカリミチ
GINZA ILLUMINATION 


 12月15日(月)、フジコ ヘミングのピアノコンサート会場のヤマハホールに足を運びました。

 フジコさん、いつまでもお元気でという気持ちを残して会場を出たところ、銀座中央通がいつのまにか「ヒカリミチ」になっていました。

ヒカリミチ①

ヒカリミチ②



【銀座の街から東北へ、幸せを願う気持ちを届けたい。そんな願いからはじまった「GINZA ILLUMINATION」プロジェクト。2014年のテーマは「未来を照らす光」です。昨年と同様に、74本の光る三角柱を中心に銀座通りと晴海通りの沿道をスペシャル・シャンパンゴールド色のLEDが華やかにつつみ込みます。
希望という名の未来へ続く“ヒカリミチ”で、年末年始の銀座を華やかに彩り、今年も日本の中心である銀座の街を明るく活気付けます。

《イベント情報》
名称:GINZA ILLUMINATION(ギンザ・イルミネーション) ヒカリミチ2014 〜未来を照らす光

開催期間 : 2014年12月3日(水) ~ 2015年1月18日(日) 15:00〜24:00  ※12月3日(水)のみ16:30~
開催場所 : 銀座通り(中央通り)1丁目から8丁目および晴海通りの数寄屋橋から銀座4丁目交差点付近


◇ “ヒカリミチ2014 〜未来を照らす光”について
光の三角柱とスペシャル・シャンパンゴールドLEDが銀座の街を華やかに彩る
GINZA ILLUMINATIONでは、特別に開発した「スペシャル・シャンパンゴールド」色のLEDを使用します。銀座でしか見られない銀座らしい上質な色彩で、銀座通り(中央通り)の1丁目から8丁目、そして晴海通りの数寄屋橋から銀座4丁目交差点付近までの合わせて約1500メートルの沿道を約18万個のLEDが華やかに包み込みます。銀座通り(中央通り)ではイルミネーションロードの上に光の三角柱を設置し、その三角柱の上部には“希望”を意味する輪が輝いています。晴海通りではガードレールと街灯へのスペシャル・シャンパンゴールドLEDの装飾を行います。


 ◇4丁目交差点付近に新作の球体オブジェ「MOON(ムーン)」と巨大アートボードを設置
GINZA ILLUMINATIONは2011年からこれまでの4年間、「東北復興」の願いを込めて開催しています。今年はその想いを具現化するシンボリックな2種類のアート作品を新たに設置・掲出します。
ひとつは、高さ約2メートルの巨大な球体オブジェ「MOON(ムーン)」を4丁目交差点付近の沿道に設置。もうひとつは、4丁目交差点角の工事現場の仮囲い壁面(高さ約3メートル、全幅約30メートル)に、岩手県花巻市の「るんびにい美術館」に出展されているアート作品を掲出します。「るんびにい美術館」は、障がいのある方たちの限りなく自由で貫ききった美術作品を通してボーダーレス(境界の無いこと)を目指して活動を続けています。】 ~ GINZA official 銀座公式ウエブサイト ~ より


 ◇ △ ◇ △ ◇ △  ☃ ☃ ☃  ◇ △ ◇ △ ◇ △
 午前10時54分です。白いものが空から落ちてきました。雪というよりも、ミゾレといった方がいいかもしれません。
 今日は午後に、いつものところで冬用タイヤの装着を予約しています。
 空模様を見ると、雪が積もるといった心配はなさそうです。








関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント