FC2ブログ
        

SL

2015/ 01/ 30
                 
SL

日本でいま、どのくらいの蒸気機関車が走っているのでしょうか。
埼玉では「パレオエクスプレス/秩父鉄道」、栃木では「SLもおか/真岡鐵道」、そしてJR東日本以東に目を移すと、群馬の「SLみなかみ/JR上越線」、「SL碓氷/JR信越本線」、新潟・福島の「SLばんえつ物語/磐越西線」、福島の「SL会津只見号/会津線・只見線」、岩手の「SL銀河/釜石線」、山形の「SL山形DC架け橋号/羽越本線」などが挙げられます。
 〈このほか、「SL村上ひな街道号」、「SLうまさぎっしり庄内号」など、観光キャンペーンの一環として臨時列車のダイヤが組み込まれています。〉
 また、営業路線で活躍している蒸気機関車のほかに、SLが蒸気を出して動いているところを見ることが出来る場所もあることをご存知ですか。
 「日本工業大学工業技術博物館(埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1・tel 0480-33-7545)」、「川場村ホテルSL(群馬県利根郡川場村大字谷地2419・tel 0278-52-2241)」、「やながわ希望の森公園(福島県伊達市梁川町字内山1・tel 024-577-6100)」など、タイミングがあれば一度は訪れてみたいところです。


写真は、川里フェスティバル(2014年11月9日)会場にて撮影
SL⑪




 写真は、「C57-117」
蒸気機関車⑪
  SL・C57は、鉄道ファンから「シゴナナ」の愛称で親しまれているそうです。C57形はその優美なスタイルから「貴婦人」と呼ばれ、全国(四国を除く)で活躍した蒸気機関車です。
 昭和48(1973)年4月、宮崎で行われた植樹祭の折に、天皇陛下のお召列車の牽引機関車として使用されています。
 C57形のお召列車としては、この宮崎行が最後のお勤めとなりました。
 「SL村上ひな街道」など、現在もあちこちで走行しています。




関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント