FC2ブログ
        

パン カルモ 安曇野からの帰途

2015/ 03/ 16
                 
 家に帰ってすぐ、二種類のパンを食べました。
 一つは「安曇野パンカルモ」、一つは「パン オ ショコラ」です。

安曇野パンカルモ①安曇野パンカルモ
 〈安曇野パンカルモ〉

安曇野パンカルモ②パン・オ・ショコラなど
 〈パン オ ショコラなど並ぶ棚の一角〉


 当たり前といえば当たり前なのですが、食感、味覚、何れもそれぞれ自己主張していて納得のいく味でした。
  (開封したブルーチーズが半分冷蔵庫に残っていたことを思い出したということもあり) もう一つ、「レトロバケット」を食べてみたかったのですが、売り切れとなっていたので、「バタール」を買い求めました。

安曇野パンカルモ③バタール・隣はレトロバケットの籠
 〈バタール・隣はレトロバケット売り切れで空の籠〉


 店名はイタリア語の「calmo」からとったのでしょうか。帰りしなにでも聞いておけばよかったです。
 次に行った折に由来を尋ねることにしても、帰り道に寄ると、人気のパンはあらかた売り切れていることでしょうから、行きがけに買い求めしようかなどと、迷います。ものによっては日持ち5日とのこと。ですが、やはりほとんどのパンは、出来立てが一番おいしいに決まっています。ランチもできるのであれば、その場で頂こうと思いました。

 

 《信州の恵みをいっぱい吸収したりんごやぶどうなどから作られる自家製酵母のパン。
 丹精込めて作られる風味豊かなパンをお届けします。》

 Pan calmo  パン カルモ
 長野県安曇野市穂高2217-2
 ☎ 0263-87-2337
 営業時間/9:00~19:00(売り切れ次第閉店)
 定休日/毎週木曜日、第2・4水曜日

⑤安曇野パンカルモ


《パン カルモのこだわり》

・粉-flour-
 使用する小麦は信州産・北海道産・フランス産など個性の異なる12種。
 小麦の製法や食感に合わせて小麦粉を使い分けることで
 小麦の風味を最大限に活かした美味しいパンが完成します。

・酵母-yeast-
 信州の旬のフルーツを使用した自家製酵母、生イースト、ドライイースト等、それぞれのパンに最も合うものを採用。
 発酵時間や分量を季節によって変えることで、1年を通して美味しいパンを提供しています。

・技-skill-
 イメージ通りの美味しいパンを作るために、様々な製法を採用。
 さらに独自の技術と多彩なアレンジを加えることで、作り手が納得のいくパンを作ります。

・素材-ingredient-
 安曇野の豊かな自然が育んだ野菜や食材を使用し、
 パン生地も安全性にこだわっています。
 できるかぎり添加物を使用せず手作りすることで、身体に優しいパンができます。


「安曇野パンカルモ」
長野県産小麦「夢かおり」「シラネ小麦」の石臼挽粉を使用した自家製酵母のパン。
くるみやドライフルーツがたっぷり。
-11-

「カルモ食パン」
独自の湯種法でしっとりと歯切れが良いこだわりの食パン。
卵、添加物は使っていません。
-12-

「レトロバケット」
自家製酵母使用
厳選したフランス産小麦粉を使用した、長時間発酵させて作るフランスパン。
〈「パンフレット」より借用しました。〉
レトロバケット パンカルモ21


④安曇野パンカルモ外観
 〈安曇野パンカルモ〉



《オリジナルパン:おすすめの幾つか》

・左:ライ麦80パーセント  ・右:パン オ ゼーグル
-13-  -14-

・左:フランスロール ・右:いちご ショコラ & いちご クロワッサン
-15-  -16-

・左:ゼーグル ノア いちじく&ゼーグル ノア レザン 
・右:白パン ブレーン&バター ロール
-17-  -18-

・おさつ レーズン
-19-





関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント