FC2ブログ
        

あるときの学級新聞

2015/ 05/ 05
                 

 小学五年生の時の学級新聞名は「山びこ」。
 学級替えがなく同じ学級仲間が六年二組の生徒となりました。
 学級新聞の名前は「希望」に変わりました。

 学級の委員とは別に、内閣制を設けていました。総理に立候補して、当選したら新体制を敷きます。
 組閣後の、内閣改造はときおりありました。

 あるときの「学級ニュース」をみてみましょう。

『M口内閣改造!!』
 7月13日、午後、大臣会議で内閣改造について会議いたしました。
 7月14日の発表によるとメンバーは次の通りです。
 
 ◎総理 M口 Y
 ○内務 M塩 H (前官房長官)
 ○大蔵 K原 K (前内務大臣)
 ○文部 K原 H (前大蔵大臣)
 ○外務 T丸 M (再任) 
 ○法務 Y川 Y先生 (再任)
 ○厚生 N岸 K (再任)
 ○農林 H野 K (再任)
 ○郵政 S藤 M (再任)

 ◎官房長官 I井 S (新任:前代議士)

 左のとおりで、A山文部大臣は、惜しくも忘れ物のために辞職し、I井代議士はM口総理に指名されて官房長官になりました。

『ではI井君 あいさつ』 ―◎官房長官I井 S―
 ~僕が官房長官になって~
 今度の内閣改造で僕が官房長官になりました。
 あまりこういう大臣にはなりたくありませんが、官房長官はことわる事ができないのでなりました。
 官房長官になったからには、総理大臣のお手伝いをさせていただきます。
 どうか皆さんもご協力願います。どうぞよろしく。


この時、不肖ながら私が官房長官に指名されたのですが、振り返ってみますと、以降も、ことあるごとに逃げ回っていたようです。

 中学、高校、大学の部活などではどうだったのでしょう。 
 
 あなたはどうでしたか。
 



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント