FC2ブログ
        

詩人たちの「夏の詩」

2015/ 06/ 24
                 

 
 夏ですね。

 工藤直子の「夏の詩」二題を、ブログに載せてはや1年になろうとしています。

 詩人からみれば、一方通行のポエムです。
 読む人からみれば、一人ひとりのジオラマという背景があるように、受け止め方が異なります。

 6月19日(金)のNHK「あさイチ」の「プレミアムトーク」で、詩人の谷川俊太郎氏が、学校の教科書で詩の読み方を問うような設題があるが、答えが一つということはありえない。読んで感じた一人ひとりの受け取り方、それが正しいんだ・・・というような趣意のことをおっしゃっていました。




《工藤直子 おれはかまきり》

おう なつだぜ
おれは げんきだぜ
あまり ちかよるな
あまり ちかよるな
おれの こころも かまも
どきどき どきどき するほど
ひかってるぜ
おう あついぜ
おれは  がんばるぜ
もえる ひをあびて
かまを ふりかざす すがた
わくわく わくわく するほど
きまってるぜ



《工藤直子 夏がきた》

ゆうがた――綿雲が山にこしかけて 泣いている
ひばり びっくり とびあがり
ドーシタ ドシタドシタと 声をかける
ほっぺたはれて虫歯がいたいと 綿雲めそめそ
ひばり もっと とびあがり
ワタグモ ムシバダムシバダゾイと 呼びかける

ここへきて歯をみがきなと 森が呼ぶ
それからここで口をゆすぎなと 川が呼ぶ
おーい それから最後にな と
西の空から太陽の声
ひかりの糸で 虫歯をぬきな

綿雲は 山にすわりなおして
ひかりの糸を 虫歯にむすぶ
ようし せえの

あ 太陽が ぐんぐんしずむ
あ ひかりの糸が ぴんとのびる
あ 綿雲ふんばる 赤くなる
あ あ あ すっぽーん!

その夜 綿雲は月にだかれて眠った

よくあさ――綿雲は山に立って 笑ってる
わっはっは わっはっは わっはっは
ひばり にっこり とびあがり
ワタグモ マブシイマブシイゾイ
森 笑う 川 笑う
太陽も ぶるんぶるん おお笑い

きょう 綿雲は ひとまわり大きく

ぴかぴかの入道雲になった






《 NHK「あさイチ・プレミアムトーク」(2015年6月19日〈金〉):ゲスト:谷川俊太郎さん(詩人)、VTRゲスト:広瀬弦さん(絵本作家)》

 詩人の谷川俊太郎さん(83歳)。「朝のリレー」など誰もが教科書で目にする詩の作者で、即興で詩を対決させる“詩のボクシング”2代目チャンピオン、そしてアニメ「鉄腕アトム」主題歌の作詞まで!多彩に活躍する日本で最も著名な詩人の一人です。
「ここ数年、詩を書いているときがいちばん楽しい」と語るほど、谷川さんは80歳を過ぎて精力的に作品を生み出しています。ことし4月以降、“赤ちゃんに向けて”五・七・五で書かれたユニークな絵本『はいくないきもの』、現代詩の新境地『詩に就いて』、新しい形式で書かれた詩集『あたしとあなた』と、月に1冊のペースでまったく異なる作品を発表しています。
谷川さんは21歳のとき詩集『二十億光年の孤独』ですい星のごとくデビュー。しかし詩の世界だけでは生活できず、とにかく食べていくための“背水の陣”として、絵本の翻訳やラジオ劇の脚本、校歌の作詞まで何でも仕事を引き受けたことが、現在の幅広い活動につながっているといいます。
私生活では3回の結婚と離婚。「空白の10年」と呼ばれる新しい詩が書けない時期も経験しました。スタジオで最新作を生朗読!爽やかで透明感のある谷川さんの詩の世界を堪能するとともに、人間・谷川俊太郎にも迫りました。


◇紹介した作品:最新刊 3作品
・赤ちゃんのための絵本『はいくないきもの』
(皆川明 絵 谷川俊太郎 文 クレヨンハウス)
・詩集『詩に就いて』(思潮社)
→その中から「おやおや」を朗読
・詩集『あたしとあなた』(ナナロク社)
→その中から「椅子」を朗読

◇これまでの作品
・『二十億光年の孤独』(日本図書センター)※デビュー詩集
・『スイミー』(レオ・レオニ 作 谷川俊太郎 訳 好学社)
・『スヌーピー全集』※全10巻
(チャールズ・M・シュルツ 作 谷川俊太郎 訳 復刊ドットコム)
・『マザー・グースのうた』(谷川俊太郎 訳 草思社)※第1集~第5集
・『子どもたちの遺言』(谷川俊太郎 詩 田淵章三 写真 佼正出版社)

◇佐野洋子さんの作品
・絵本『100万回生きたねこ』(講談社)
・佐野洋子対談集『ほんとのこと言えば?』(河出書房新社)



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント