FC2ブログ
        

ふるさと

2012/ 09/ 28
                 
ふるさとはありますか
ふるさとはどこですか

ふるさとを思う 幼少期
 三好達治 「測量船」より 雪
太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。

ふるさとを思う 小学時代
 萩原朔太郎 「氷島」より 帰郷21行中の前段6行.
わが故郷に帰れる日
汽車は烈風の中を突き行けり。
ひとり車窓に目醒むれば
汽笛は闇に吠え叫び
火焔は平野を明るくせり。
まだ上州の山は見えずや。
・・・

ふるさとを思う 中学時代
 室生犀星 小景異情より その二
ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや 

ふるさとを思う 高校時代
 中原中也 「山羊の歌」より 帰郷14行中、9、10行と、13、14行.
・・・
これが私の古里だ
さやかに風も吹いている
 ・・・
 ・・・
あゝ おまへはなにをして来たのだと……
吹き来る風が私に云ふ

 
❀出典 新潮社版 日本詩人全集 全34巻中、三好達治=21(第4回配本)、萩原朔太郎=14(第2回配本)、室生犀星=15(第8回配本)、中原中也=22(第9回配本)による。

☆第1巻の島崎藤村が見当たりません。どなたか心当たりがある方は思い出していただき、田舎の本棚にそっと戻しておいてください。よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント