FC2ブログ
        

いかがお過ごしですか 2

2012/ 06/ 04
                 
 じゅんこさん いかがおすごしですか  - 2-

 1988年6月4日、ムッちゃんが一歳半になる二日前のこの日、我が家の一員となりました。
 振り返ってみますと1986年12月6日の彼が生まれた日に、私たち夫婦はムッちゃんを迎えることになった新しい地での生活が始まったのですが、不思議といえば不思議な縁と、今更ながら感じています。

 東京の獣医さんのところで二週間の養生生活を送ったあと、妻(宏有)の姉が車で彼を乗せてきてくれました。小さなゲージの中から不安そうな顔を覗かせていたというのが、宏有さんの第一印象でした。
 庭に置かれた容器に入った牛乳をあっという間に飲み干すとすぐ尻尾を振るので、お代わりをしましたが、都合三杯を飲んだところで、満足したようです。
 牛乳を催促するとき吠え声は一切しなかっとのことです。
 ワンという声を聞いたのは、それから三日経ってからのことでした。

 宏有さんのもうひとりの姉が神奈川に住んでいます。
 その姉が、私たち子供のいない家族の一員にとムッちゃんのお仲人口のような役割を持ちました。
 姉あってこその、私たち三人の生活がこのときから始まりました。

 なんだかよく説明できませんが、そういうような経緯を辿ったからということになるからでしょうか、彼の前では、私のことをオジチャン、宏有さんのことをオバチャンとお互いに呼び合うことになりました。神奈川の姉が本当のオカアサンになるから、私たちは遠慮してオバチャン、オジチャンという呼び方に甘んじたのかもしれません。姉家族はマンションに住んでいますので、犬は家の中で一緒に生活できないという事情が、私たちの生活を一変させることになりました。

2012年6月4日 
24年の歳月がいつの間にか流れています。

 ※ 宏有という名は、いけばな小原流のFK先生から、妻が頂きました。
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント