FC2ブログ
        

原馬室獅子舞棒術 2015年8月23日(日)

2015/ 08/ 11
                 
 今から441年前(天正2年、西暦1574年)から始まったといわれる原馬室の獅子舞棒術は、入曽、越畑、芦ヶ久保、西金野井、浦山、皆野、下間久里の伝承獅子舞とともに、昭和54年(1979年)3月27日に、「埼玉県指定無形民俗文化財」に指定されています。
 今年から(後地区)観音堂での奉納時間が午後5時からと変更になったことと合わせ、「鴻巣市観光協会」のホームページや、「観光こうのす」には掲載されていませんが、「(権現)氷川神社」での奉納が午後3時からということなど、メモをとっておくと、日曜日の午後を楽しむことが出来そうです。

 「棒術」は、二天一流、巌流の編流、及び新陰流の三つの型を模したといわれ、演技には「四方固め」から「虎走り」まで30(33.35)の型があり、木刀あるいは六尺棒、時には真剣を使って、迫力のある演技が素朴に、時には滑稽に演じられます。
 「獅子舞」は、法眼獅子〈男子獅子〉、中獅子〈女獅子〉、後獅子〈男獅子〉の三頭と花笠、笛方、歌方で構成され、五穀豊穣、天下泰平を祈願して奉納されますが、場所(舞庭)によって演目が異なります。
 舞には『野辺の道行』『深山のまどい』『弥生の遊山』『女獅子かくし』『岩戸の曙』などの演題が付けられていて、全体が筋立てのある演劇的な構成となっています。とりわけ『女獅子かくし』は中獅子をめぐって法眼獅子と後獅子が激しく争う筋立てとなっていて、早い調子の曲と動きの早い舞は勇壮で迫力があり、獅子舞のなかでも最大の見せ場となっています。
 (※下記説明書より転用しています。他文献と異なる個所については、重複または表現を変えていますので、ご留意ください。)


《アクセス:車》
・原馬室観音堂:埼玉県鴻巣市原馬室1282(駐車場:原馬室3156-3.鴻巣典礼センターP.℡048-542-8515.100台)
・(原馬室権現)氷川神社:原馬室4108付近(駐車場は鴻巣典礼センターP)
《アクセス:(バス)フラワー号:馬室コース(毎日).一般150円、65歳以上100円(年齢証明できるもの提示)、小・中・高校生100円(生徒手帳提示)》
〈往:鴻巣駅西口始発(北本駅西口行)→観音堂下車〉
・13:10→13:19.・14:35→14:44.・16:10→16:19.・17:35→17:44.
〈復:観音堂発(鴻巣駅西口行)→鴻巣駅西口下車〉
・15:45→16:00.・17:12→17:25.・18:32→18:45.・19:47→20:00.


〈愛宕公民館掲示板ポスター〉
①ポスター原馬室祭典獅子舞棒術20150823(日曜)


〈原馬室観音堂〉
観音堂2015年8月11日撮影


(2013年10月19日、第27回全国中山道宿場会議鴻巣宿大会:記念公演.於エルミパーク)
2013年10月19日撮影 2-2-



(2013年10月19日、第27回全国中山道宿場会議鴻巣宿大会:記念講演・記念公演.於エルミアネックス4F)
エルミアネックス4F 2013年10月19日 ⑧



 ※原馬室観音堂(「原馬室の獅子舞」説明書き・2015年8月11日訪問)
原馬室獅子舞棒術いわれ

関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント