FC2ブログ
        

築地 鯨の登美粋 シリーズ 「バレニンで、みんな元気!」

2015/ 08/ 12
                 
  《クジラのパワーの源「バレニン」》  
 今、クジラの持っているアミノ酸物質「バレニン」が、栄養源として注目されています。
鯨は死ぬまで子供を産み、生殖能力に老化がありません。鯨の多くは、半年間エサ場となる冷たい海で過ごし、繁殖期になると暖かい海に移動します。この時、鯨はほとんどエサをとらずに絶食状態で子育てをし、さらにそのまま数千キロも離れたエサ場へ、眠ることなく泳ぎ続けて戻っていくのです。このような驚きのパワーは、鯨が大量に持つ「バレニン」という、アミノ酸物質に源があると考えられています。
・「バレニン」含有量(mg/100g)
・マグロ類 赤身   不検出
・カツオ  赤身   痕跡有
・ナガスクジラ 赤身 1,466
・ミンククジラ 赤身 1,874
・マゴンドウ  赤身   553
・ウシ     筋肉    ~2
・ブタ     筋肉   ~48
<資料:阿部広喜、2005「魚の科学事典」より>



  《鯨はすぐれた健康食品です。・低カロリー、・低脂肪、・高タンパク》
 鯨肉は、ビタミンAが豊富で、低脂肪、低コレステロールなヘルシー食品としても注目されています。
 牛肉や豚肉、鶏肉とくらべ、タンパク質が多く、脂肪分のほとんどが良質の多価不飽和脂肪酸のため、成人病の予防にもよい食品です。
 さらに他の肉とくらべ、アレルギー症状をおこすことが少なく、食物アレルギーに悩む人にとっては、重要なタンパク源となります。
 地球人口の増加による食料危機がさけばれる中、鯨肉は未来への可能性を備えたおいしい健康食品です。

・栄養分比較 <資料:科学技術庁資源調査会編「5訂日本食品標準成分表」より(100g当たり実測値)>

1.エネルギー(kcal) 
・鯨肉 106
・牛肉 317
・豚肉 150
・鶏肉 138

2.コレステロール(mg)
・鯨肉 38
・牛肉 72
・豚肉 61
・鶏肉 77

3.タンパク質(g)
・鯨肉 24.1
・牛肉 17.1
・豚肉 22.7
・鶏肉 22.0

4.脂質(g)
・鯨肉  0.4
・牛肉 25.8
・豚肉  5.6
・鶏肉  4.8




  《鯨から期待されるマリンビタミン 》

1.肝機能改善・体力増強・活力回復 ⇒[たんぱく質・アミノ酸](バレニン、アンセリン・カルノシン、L-カルニチン)

2.血圧低下 ⇒[たんぱく質・アミノ酸](ペプチド)

3.美肌効果  ⇒[たんぱく質・アミノ酸](コラーゲン)

4.痴呆症予防・ガン予防・コレステロール低下・学習機能向上・視力改善・中性脂肪低下・肥満予防 ⇒[脂質](DHA)

5.肥満予防・中性脂肪低下・血栓防止・血液改善 ⇒[脂質](EPA) 

6.疲労改善・不定愁訴改善・更年期障害改善 ⇒[脂質](コエンザイムQ10)

7.体調改善  ⇒[ビタミン]

8.貧血予防 ⇒[ミネラルFe]

9.骨強化 ⇒[カルシウム]

10.眼精疲労回復・抗酸化・美肌効果  ⇒[たんぱく質・アミノ酸](コンドロイチン) 


  《南極海鯨類のPCB、総水銀濃度(財)日本鯨類研究書編 》
1.PCB濃度(ppm湿重当り)
 ・ミンククジラ(脂皮)… 0.00018ppm
 ・魚介類の暫定的規制値…0.5ppm
2.総水銀濃度(ppm湿重当り)
 ・ミンククジラ(筋肉)… 0.027ppm
 ・魚介類の暫定的規制値…0.4


❀以上「日本捕鯨協会」作成パンフレットから抜粋しました。



鯨の登美粋(とみすい)
①鯨の登美粋20150812
東京都中央区築地4-10-17
☏03-6278-8194
東京メトロ日比谷線 築地駅・徒歩4分
都営大江戸線 築地市場駅・徒歩3分
営業時間 10:00~14:00
年中無休(イートインのみ木曜定休)
◇地方発送承ります
◇宴会のご相談もお気軽に
http://www.e-kujira.net/

②鯨の登美粋20150812
 鯨の登美粋



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント