FC2ブログ
        

季節の変わり目、トリムネ肉料理で疲労回復

2015/ 09/ 07
                 


 このところ随分と雨が降っています。
 夏が終わったと思った先には、世間様的には21日からの4連休が待っています。
 様々な秋となる今日この頃を迎えていますが、如何お過ごしですか。

 味覚の秋というと、ついつい果物などが目に浮かびますが、このところの季節の変わり目、元気になる食材をお届けしたいと思います。
 インド料理の定番の一つ、「チキンチッカ」は、レシピにトリのモモ肉と書いてありますが、私は「トリ肉」を使う時は、いつも「トリムネ」にしています。
 昨日、たまたま次の記事が検索していたら出てきたので、ご紹介致します。
 多めに作って冷凍保存という手もあるようですので、調理のレパートリーを広げて、秋の食材と合わせて、食卓を飾ろうと思います。


「鶏むね肉」の疲労回復効果に注目、渡り鳥支える高濃度栄養素
 ~読売新聞(ヨミドクター) 9月6日(日)11時30分配信~

 「鶏むね肉」が最近、疲労回復に効果があると注目されている。渡り鳥が何日も休むことなく飛び続けるのをヒントに、研究が行われてきた。渡り鳥の羽を動かすむね肉に、高濃度の「イミダペプチド」という栄養素があることがわかった。
 「2週間以上、継続的にイミダペプチドを摂取すると、疲労感が改善されてきます」。実験の中心となった東京都目黒区の阿部医院院長で、東京内科医会副会長の清水恵一郎さんは説明する。
 イミダペプチドは二つのアミノ酸(生命を支えている大切な栄養素)が結合した物質だ。これを摂取すると血液中で二つのアミノ酸に分解するが、脳や肉体の疲労してさびついた細胞に達すると、再びイミダペプチドに合成され、疲労部分を回復してくれる。
 イミダペプチドは生き物ごとに、消耗が激しく疲れがたまりやすい部位に含まれている。回遊魚のマグロ、カツオは泳ぎ続けるために大事な尾びれの付け根。人間は一番使っている脳だ。
 清水さんら内科医が2009年に行った実験では、疲労を感じている人がイミダペプチドを配合した飲料を8週間飲んだ。飲まなかったグループと比べると、明らかに疲労感が軽減されていた。(グラフ参照)
 「鶏むね肉は比較的安く、低カロリーで高たんぱく質のヘルシー食品。1日100グラム、最低でも2週間食べ続けてみてください」
 清水さんのお薦めは、イミダペプチドが水に溶けやすい性質を利用したスープ。多めに作って、冷凍保存しておくことも可能だ。「梅干しや、黒酢、レモンなどクエン酸を含むものと組み合わせた鶏むね肉料理もいいですよ」(斉藤勝久)
.

関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント