FC2ブログ
        

「レストラン ブラジル」 創業24年、大泉町で最初のブラジル料理レストラン

2016/ 02/ 11
                 
 

 大泉町の面積は18.03平方キロメートルで、群馬県で一番小さな町ですが、北関東でも屈指の製造品出荷額を誇っています。
 人口は40,225人(2015年12月1日)で、「町」としては県内で最も人口が多く、人口密度も北関東3県(群馬県、栃木県、茨城県)の中で最も高く、外国人人口の比率も県内一の14.8%(ブラジルやペルー出身の日系人はおよそ10%.〈2012年12月〉)となっています。

 ・・・   ・・・   ・・・

日本ILO協会を通してのブラジル人研修生の受け入れや、工場で働くブラジル日系二世の人たちを成田まで出迎えなど、南半球の人たちとの交換の場も少なからずありました。

 ・・・   ・・・   ・・・
 
 ブラジル料理食べたことありますか。私は(大泉町での)ブラジル料理を楽しんだのは、今回で3回目となりました。利根川の川向こう、鴻巣市(役所)から28km、行田市(役所)から19kmの場所にあります。この日はランチメニューから気に入った品をチョイス。テイクアウトは3品頼みました。何れも満足のいく味でした。

 〈今回はブラジルの特産品を扱っているスーパーマーケット(※)で、パルミット(ヤシの新芽)の瓶詰・缶詰を買い物袋に入れましたので、在庫の買い置きがなくなったら、また大泉町に行ってみたいと思っています。〉

 ランチメニューは、「ビッフェ・アセボラド(牛ステーキを、塩、胡椒等で味付けして焼いたブラジル料理の定番.小150g.ミディアム)」、「ケールの炒め物」、「ライス・フェイション(ブラジル定番料理の一つ、豆の煮込み)・サラダバー」を注文しました。(写真にセットで載せました)。

①レストランブラジル ランチメニュー一揃え

②レストランブラジル 肉
 ビッフェ・アセポラド

③サラダバー
 サラダバーからお好みを・・・

④豆煮込み
 フェイション

⑤ケールの炒め物
 ケールの炒め物


テイクアウトには、カルネ・デ・パネラ(ブラジル風牛肉の煮込み:添付写真)、エスぺト・ミスト(牛肉・チキン・ソーセージの豪華串焼き)、コメシャル(牛ステーキ〈中200g〉を塩、胡椒、ニンニクチップ等で味付けして焼き上げたブラジルの定番料理)

⑦ テイクアウト
 テイクアウト(「カルネ・デ・パネラ」、「コメシャル」、「エスぺト・ミスト」)
 
⑧ テイクアウト-2-
 テイクアウト(カルネ・デ・パネラ)


 様々な著名人が訪れています。あの「孤独のグルメ」の五郎さんも足跡を残していました。
⑨レストランブラジル 店内

「孤独のグルメ」 Siason2 第4話 2012年10月31日OA
《 「レストラン ブラジル」
 ◇群馬県邑楽郡大泉町のショッピングセンターで目新しいものに囲まれ、つい買い物をしすぎた五郎。道案内もそこそこに片岡の娘と別れ、買い物袋をぶら下げた五郎は空腹に気づく。
 ◇街中を歩き回る五郎が狙うのはブラジル料理。見つけたのは、イエローやグリーンを基調としたブラジル料理店だった。本格的なブラジル料理に期待を寄せる五郎は注文を済ませ、サラダバーに立つ。野菜それぞれを均等に盛っていき、見事「五郎のサラダ」を作り上げるのだった。
 ◇このブラジル料理店でフェイジョアーダに夢中な五郎のところへ、「エスペトン・デ・ピカニャ(シュラスコ)」が届く。鉄の串に牛や豚、鳥の肉を刺し、塩を振って炭火でじっくり焼いたブラジルで有名な料理だ。その姿に驚嘆するも、串に刺さった大ぶりな肉の塊をナイフで豪快に切り取り、トングでそのまま口へ。口の中に広がる肉汁に、五郎もおもわずにんまり。南米文化を正統に受け継いだ肉料理を全身で楽しむ五郎だった。
 <野生の本能が、
  身体の底からわき起こってくるぞ。
  噛み切るんじゃない。
  喰いちぎるんだ。
  俺はまさに百獣の王。うぉ~ん。>  》

⑥レストラン ブラジル 外景

・レストラン ブラジル
TEL:0276-62-0994
〒370-0517 群馬県邑楽郡大泉町西小泉5-5-3
(月~金)11:00~15:00(LO)&17:30~22:00(LO)
(土・日・祝)12:00~22:00(LO) 定休日:水曜日

※スーパーマーケット:
 スペール メルカド・タカラ  
 大泉町坂田3-12-10 tel 0276-61-0201
 ・営業時間 9:00~20:00 定休日:火曜
 ♪店内にブラジル料理店があります。ビュッヘスタイルの注文も出来ますし、気に入った品だけを選ぶこともでき、お弁当などテイクアウトの種類も豊富に揃えています。


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント