FC2ブログ
        

白い花のヤマブキ

2016/ 04/ 10
                 
 山吹色であるから、ヤマブキの花は山吹色。
 白い花が咲くヤマブキは、別種だそうです。
 ヤマブキは花が5弁で、シロヤマブキは4弁です。ヤマブキは葉が互生で、シロヤマブキは対生であることを知りました。

 わが家の庭の白い花が咲くヤマブキは、地下茎が延びていつのまにか別の場所でも花を開かせていました。

 そういえば、江戸時代の軍団書『常山紀談』に記す、「みのひとつだに」を「箕ひとつだに」にかけて、太田道灌に山吹の枝を差し出したという言い伝えの、『七重八重 花は咲けども山吹の みのひとつだに なきぞ悲しき』の和歌ですが、引用の元となっている、後拾遺和歌集の醍醐天皇の皇子・中務卿兼明親王の歌は、『七重八重 花はさけども 山吹の みのひとつだに なきぞあやしき』となっています。



 花曇りの我が家の庭です。
 白い花のヤマブキがいつのまにか咲いていました。
 カイドウの花は満開です。
 白いツバキの花も、まだ咲き残っていました。

 タラの芽は二度採って食卓にあがりました。これからの芽は葉となって育っていきます。
 植えたはずのないビワの木ですが、いつのまにか、あちこちに葉をそよがせています。
 キウイフルーツの芽も伸びはじめました。
 
 ふと庭の一隅にめをやると、コデマリもいつのまにかちいちゃなツボミをつけていました。

2016年4月10日 我が家の庭 白い花のヤマブキ

 



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント