FC2ブログ
        

山ウドと山菜各種の酢味噌和え

2016/ 05/ 17
                 
 

 山ウドとタケノコ。
 山ウドとコゴミ。
 山ウドとタラの芽。
 
 日本料理には取り合わせというものがあります。
 また、雑味は嫌われます。
 食材を何でも一緒くたにしてしまうというのは、以ての外です。

 とまあ、そういうことは判っているのですが、ついつい山ウドが手に入りましたので、久しぶりに酢味噌和えを作ってみました。

 先日、信州に行った折に手に入れたのが、山ウド、タケノコ、コゴミ、タラの芽です。

 ◇A酢味噌は、①酢、②味噌、③サトウ、④粉末ダシをベースにしました。
 4人前の分量では、①大さじ2、②大さじ2、③大さじ1.5、④小さじ1が基本ですが、我が家は酢が大好きですので、〈4人前を前提とすれば〉黒酢で大さじ3、糖分は控えめにしてサトウは大さじ1としました。(お好みにより、すりゴマを入れてもよろしいかと思います)

 ◇タケノコは、予めあく抜きをしておきました。

 ◇コゴミとタラの芽も、前以て茹でておきます(数分)。

 ◇山ウドは、生のままでもよろしいのですが、私は、いったん酢水に漬けてから、酢を少量入れたお湯に30秒ほど茹でます。

 ◇山ウド、タケノコ、コゴミ、タラの芽を、氷水で〆てから器に入れ替え、最後にA酢味噌をふりかけて何回かかき回して味を馴染ませます。

 ◇「山ウドとタケノコとコゴミとタラの芽の酢味噌和え」の出来上がりです。そして、好みの器にのせて食卓に。

⑪酢味噌和え山ウド・タケノコ・タラの芽・コゴミ20160513



 ◇山ウドの葉っぱ、タラの芽、コゴミは、それぞれ精進揚げにもしました。コゴミは、テンプラにするとあっというまに身が引き締まってしまい、揚げ物には向いていないように感じました。
 


20160515沼田市物産ブース①

 14日も「こうのす花まつり」市役所周辺会場の「沼田市物産ブース」で、山ウドが手に入りましたので、この日は、「山ウドとカリフラワーの酢味噌和え」を作りました。
 こんな取り合わせは、邪道のひとつかも知れないと思いつつ・・・


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント