FC2ブログ
        

広田のささら 鴻巣市指定無形民俗文化財

2016/ 10/ 12
                 
 広田のささらは、昭和50年(1975年)12月19日、市の指定無形民俗文化財に指定されています。
 「龍頭舞」と地元で呼ばれている広田のささらは、毎年10月15日の大祭に、五穀豊穣と悪魔よけを祈願して奉納されていましたが、平成26年(2014年)から10月の第二日曜日開催となりました。

 当時の「観光こうのす 平成26年 秋・冬号」を手に取ってみますと、
10月12日(日)、広田のささら(広田鷺栖神社ほか)、
10月13日(月)、小谷のささら(小谷日枝神社)、
10月13日(月)、登戸のささら(登戸集会所)
と、記載されていました。

 今年の「観光こうのす 2016年 秋・冬号 №22」には、
広田のささら(10月10日(月・祝.10:00~鷺栖神社、13:00~堤公民館、19:00~鷺栖神社.9日前夜祭18:00~鷺栖神社)、
小谷のささら、10月10日(月・祝.13:00~日枝神社)、
登戸のささら、11月13日(日.13:00~登戸集会所)
と、記されています。

 あれ、広田のささらは、また日程を変えたのかなと思い、念のため鴻巣市観光協会の公式サイトをみましたところ、イベント・お知らせ情報に、「広田のささら」は、10月9日(日)開催する旨の訂正記事が載っていました。
 
 10月9日、勤めていた会社のOB会役員会が終ったあとに「鷺栖神社」に、そして夕方の外出時に、組鎮守〈※〉の三ケ谷戸の八幡宮に出向いてみました。
 何れも奉納時間帯と異なっていましたので、獅子舞う姿を見ることはできませんでした。
 現地に行って判ったことは、鷺栖神社境内で3回、奉納があることでした。

①広田のささら20161009

②開催時刻 ③奉納

④広田のささら20161009

 このあと、小谷のささら、登戸のささらと、新たにページを割きたいと思います。



注記:〈※〉 氏子組織と伝承団体:
 鷺栖神社の氏子組織は、広田地区の12(13)組を4区に分け、各組から組総代2人計24人と、各地区から氏子総代1人計4人(大総代)、氏子総代1人を選出しています。組総代は、現在の行政割りとは異なるが、4つの区の構成は、一区が東間(あずま)・六軒・内出、二区が北部・上三ケ谷戸・番場・向領、三区が堤・三ケ谷戸・原、四区が谷・畑・本村(ほむら)で、東組は、本村の内にあります。
 組鎮守は、東間―久伊豆神社、谷畑―天神様、原―御小宮(おこみや)様、堤―秋葉様、向領―天神様、番場―大神様、北部―白山様、上三ケ谷戸―天神様、三ケ谷戸―八幡宮、六軒―山王様、本村―宝登山様、東組―大神宮があげられています。

関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント