FC2ブログ
        

洋酒マメ天国 24

2012/ 11/ 19
                 
洋酒マメ天国 乾杯博物館 24

伊丹十三 (1933.5.15―1997.12.20)


昭和45年発行の洋酒マメ天国に、自分で自分を描いている節のある著者紹介には次のように書かれている。
 伊丹十三(いたみじゅうぞう)=「高卒」である。何になりたいのか自分でよくわからず、従ってどこの大学の何科を受ければいいのかわからず、従って大学へは行かなかった。三十を過ぎて突如、自分の生涯の仕事が俳優であると確信し、今では日本で最も想像力のある役者の一人といわれる。文筆をよくし三冊の著書がある。1933年京都生れ。父は不世出の映画監督伊丹万作。


洋酒マメ天国第24巻     昭和45年6月30日発行
著者 伊丹十三        発行所サントリー株式会社

第1章 わたしと乾杯
第2章 雑器時代
第3章 ガラス器時代
第4章 これだけは知っておこう
 ―――このグラスで飲もう―――
 ☆ タンブラー : ハイボール、ジンフィーズ、チューサー
 ☆ ショットグラス : ウイスキー、その他のスピリッツ類のストレート
 ☆ オールド・フアッションド・グラス : オン・ザ・ロックス
 ☆ ブランデーグラス
 ☆ シェリーグラス
 ☆ ワイングラス
 ☆ シャンパングラス
 ☆ リキュールグラス
 ☆ ゴブレット : ビール、エール

ガラス史年表

洋酒マメ天国24
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント