FC2ブログ
        

小谷ささら獅子舞 鴻巣市指定無形民俗文化財

2016/ 10/ 14
                 
 小谷のささら獅子舞は、五頭(五匹)で舞います。関東地方の獅子舞はほとんど三頭(三匹)で舞いますので、とても印象深く感じます。
 無病息災、家内安全を願って、獅子舞、棒術、刀術、槍術が奉納されます。
 今から51年程前の昭和40年(1965年)11月17日、市の指定無形民俗文化財に指定されました。
 300年程前から伝えられてきた小谷のささら獅子舞ですが、説明書きには、「起源は不詳」と記されていました。

 「観光こうのす 2016年 秋・冬号 №22」に、小谷のささらは、10月10日(月・祝)の13時~日枝神社となっていましたが、現地の掲示板には、
金乗寺 午前10時、
寶勝寺 午前11時、
日枝神社 午後1時~。
となっていました。

 当日、あらためて、ちょっと立ち寄ったところ、運よく、寶勝寺に向かうところに出会いました。

小谷のささら③201610

小谷のささら①201610

 これから獅子舞いが始まるというところで、本日は庭を後にしました。

小谷のささら②201610

小谷のささらは、「ささら獅子舞保存会」というような名前の保存会かなと思っていたのですが、「小谷文化財保存会」という名称で、地域芸能文化の伝承を図っていることが判りました。



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント