FC2ブログ
        

LES LANGUES DORÉES (DEMEL VIENNE)

2016/ 10/ 22
                 
  きょう書いたブログの一つに間違いがあることを読者から教えていただきましたので、ここに記しておきます。
 スペルの訂正です。
 ・・・いただきものの、LES LANGUES DORÉES (DEMEL VIENE) をもぐもぐさせながら、・・・を、
 ・・・ LES LANGUES DORÉES (DEMEL VIENNE) ・・・
 に修正しました。

 もう一つ、キチンとお伝えしておくことがありました。
 このチョコレートは、家人が頂いたものですので、当事者ではない私の側からいえば、「いただきもの・・・」ではなく、「ご相伴にあずかったもの」でした。誤解を与えかねない表現になっていましたので、この場で明らかにしておきます。
 当日、家人はゴディバのトリュフを持っていきましたので、オーストリアとベルギーのチョコレートの物々交換といった趣になった松本の夕べでした。


 VIENNEはウィーン、オーストリアの首都でしたね。
 箱の中身は、ソリッドチョコレート「猫ラベル・ミルク」です。


 箱の中に入っていた小さな紙(縦80mm、横65mm)に書かれたメッセージです。
  「お菓子の都ウィーンが誇る至高の味」
 《古都ウィーンの象徴といわれ誉れ高いデメルは、かの神聖ローマ帝国を統治したハプスブルク家の紋章をブランドマークに、王政時から老舗の洋菓子舗として栄誉と伝統をなによりも尊び、華麗で優雅なお菓子づくりを驚嘆すべき厳格さをもって今日まで継承してまいりました。 

 ため息ももれるほどの美しさを秘めたたくさんのお菓子や宝石箱にしてもすばらしいパッケージ。目を見張るほどの装飾技術で構成されたウィーンのデメル店内。
 いずれをとってみましても、ウィーンに生まれウィーンで熟成された総合技術の結晶と申せます。 》


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント