FC2ブログ
        

戸惑ったこと

2012/ 12/ 01
                 
不思議なことあれこれ その1です。

 以前から思っていたことなのですが、洗濯用合成洗剤、衣料用漂白剤、台所用合成洗剤など、家庭で使う洗剤類の表示が有って無きが如く、文字が小さく見づらいですね。
 食器・野菜洗剤は、スーパーなどでは、「台所」コーナーにそれらしき種類がズラーツと並んでいますので、だいたいは間違えることなく手に取ることが出来ます。
 が、「洗濯」、「風呂」コーナーに並んでいる、洗濯用合成洗剤と衣料用漂白剤は、区分明記をしていないところがほとんどで、隣にあるからと、洗剤を手にしたつもりが、ついうっかりと、漂白剤を買い物かごにいれてしまったということが、ままありました。

 (勿論のことですが、家事のプロフェッショナルは、自分の好みのメーカーの銘柄品を使うので、予め商品を確かめてから購入するでしょうから、そういった間違いは起きないと思います。)

 初めて家事を手に染める若い人に判りやすいように。
 買い物を言いつけられて、勝手を知らない人でも、判りやすいように。
 (これから高齢化社会はどんどん進んでいきます。)
 目も不自由になり手元が覚束ないお年寄りにも判りやすいように。

 製造メーカーとしてはラベル印刷も昔からずっと同じスタイルを踏襲しているので、エンドレスユーザーのそういった戸惑いなど少しもご存知ないのでしょう。
 おそらくは、テレビなどで広告流して、商品名が浸透しているから、ネーミングで事足りているという自信に満ち溢れた結果、そうなっているのかも知れません・・・
 商売戦略、まだまだ手前勝手が多いようにもお見受けします。

 くらしの中の戸惑いが、まだまだいっぱいあります。
 今回は、日常から、その1です。


洗濯用合成洗剤

衣料用漂白剤

台所用合成洗剤

 
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント