FC2ブログ
        

NHKあさイチ  白ごま油を使ってみよう 野菜の味を生かした天ぷら&万能だれ

2017/ 05/ 24
                 
 今の旬の食材に適役、ごま油にはとても素晴らしい効能があります。
《・・・抗酸化力の強いゴマリグナンを含んでいるため、加熱しても傷みにくいだけでなく、実は夏バテ防止パワーもある、今の季節にピッタリな油です。・・・》
と、5月23日のNHKあさイチ。
 
 今まで白ごま油を使ったことがなかったので、あれこれ使ってみたいと思いました。


《◇白ごま油で野菜の味を生かした天ぷら

フランスの料理ガイドブックで星を獲得したこともある天ぷら店の店主・飯村一さん(「天ぷら懐石 いせ 店長」)によると、天ぷらの揚げ油に白ごま油を混ぜると、風味がよくなりサクッと揚がり、油のもちも良くなるそうです。
飯村さんのお店では、油の配合は綿実油(家で作る場合はサラダ油で代用可)を7~8割、白ごま油を2〜3割程度混ぜ、さらに、オリーブ油を適量(0.5~1割程度)入れます。
抗酸化物質のゴマリグナン(ごま油)とポリフェノール(エクストラバージンオリーブ油)のダブルパワーで油、そして体内の酸化を防ぐ働きも期待できる配合です。

また、素材の味が生きる 薄くてサクッとした衣作りについても教えてもらいました。
1:小麦粉は冷凍庫に入れて冷やしておく。
2:衣液を混ぜる容器は氷で冷やしながら。
3:混ぜる際は太い箸でさっくりと。(泡立て器でも代用可)》



 「白ごま油だし」を使った「万能だれ」一つひとつ、みてるだけで食欲がそそられてきます。
 先ずは、「白ごま油だし」の作り方から、

《◇「白ごま油だし」の作り方
材料・作りやすい分量
•白いごま油200ミリリットル
•昆布10グラム

作り方
1.昆布はそのまま or拭く(水けがないように)。
2.鍋に昆布と白いごま油を入れて、火にかける。
3.昆布から泡が出て昆布の香りがしたら(150度の目安)火を止め、常温になるまで冷まして昆布を取り出す。》



 万能だれは、「にらだれ」、「トマトだれ」、「梅だれ」の3つが紹介されていました。

《◇「万能だれ」の作り方

①「にらだれ」
 「材料・作りやすい分量」
•にら2分の1ワ
•ねぎ5センチ
•しょうが2分の1片
•ごま油だし大さじ4
•塩小さじ3分の1
•一味とうがらし適量
 「作り方」
1.にら・ねぎ・しょうがはみじん切りにする。
2.ごま油だし・塩・一味とうがらしを混ぜて、完成。

②「トマトだれ」
「 材料・作りやすい分量」
•トマト2コ
•ごま油だし大さじ2
•酢大さじ1
•塩・こしょう適量
 「作り方」
1.トマトは1コを1センチの角切りにし、1コはすりおろす。
2.トマト、ごま油だし大さじ2、酢大さじ1を加えて混ぜる。
3.塩・こしょうで味を整えて、完成。

③「梅だれ」
 「材料・作りやすい分量」
•梅干し2コ
•白ごま油だし大さじ1
•みりん大さじ1
•しょうゆ大さじ1
 「作り方」
1.梅干しは、種をとって潰しておく。
2.そこに、白ごま油だし・しょうゆ・みりんを入れて、混ぜたら完成。》


 どんな料理にどの万能だれを使うのか、食卓にあれこれ並べるてみる楽しみが増えますね。










関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント