FC2ブログ
        

太宰治生誕祭 生誕108年記念祭 2017年6月19日

2017/ 05/ 31
                 
 6月の季節の便り二つ目は、青森県五所川原市からのご案内です。
 8年前に、「太宰治生誕百年祭」に二人で出席しました。
 三鷹市長の清原慶子氏も来賓の一人として招かれていました。氏は現在三鷹市長四期目の任に就いています。

 それから毎年、季節になるとご案内を頂くようになっています。
 2年後にまた行くことができたらいいな・・・と、思ってはいるのですが・・・。


(〈※〉):太宰 治(だざい おさむ、1909年(明治42年)6月19日 - 1948年(昭和23年)6月13日)は、青森県金木町に生まれました。現在は五所川原市金木町となっています。
 東京三鷹の禅林寺において、毎年6月19日に「桜桃忌」が催されるのは、皆さんご存知の通りです。




ご案内 太宰治生誕祭

太宰治生誕祭 -2-

太宰治生誕祭 -1-




『太宰治と三鷹』:三鷹市公式サイト

桜桃忌

 たくさんの花が供えられた墓に向かい手を合わせる女性の写真太宰治の遺体が発見された6月19日は「桜桃忌」と名づけられ、墓所のある禅林寺(三鷹市下連雀)にはいまも毎年多くの太宰ファンが参拝に訪れています。
(禅林寺の位置は太宰ゆかりの場所をご覧ください)


桜桃忌の歴史

 「この寺の裏には、森鴎外の墓がある。どういうわけで、鴎外の墓がこんな東京府下の三鷹町にあるのか、私にはわからない。けれども、ここの墓所は清潔で、鴎外の文章の片影がある。私の汚い骨も、こんな小綺麗な墓地の片隅に埋められたら、死後の救いがあるかも知れないと、ひそかに甘い空想をした日も無いではなかったが、今はもう、気持ちが畏縮してしまって、そんな空想など雲散霧消した」
(『花吹雪』)

 その鴎外の墓の斜め前に、太宰治の墓がある。太宰の死後、美知子夫人が夫の気持ちを酌んでここに葬ったのである。第一回の桜桃忌が禅林寺で開かれたのは、太宰の死の翌年、昭和24年6月19日だった。6月19日に太宰の死体が発見され、奇しくもその日が太宰の39歳の誕生日にあたったことにちなむ。「桜桃忌」の名は、太宰と同郷の津軽の作家で、三鷹に住んでいた今官一によってつけられた。「桜桃」は死の直前の名作の題名であり、6月のこの時季に北国に実る鮮紅色の宝石のような果実が、鮮烈な太宰の生涯と珠玉の短編作家というイメージに最もふさわしいとして、友人たちの圧倒的支持を得た。

 発足当時の桜桃忌は、太宰と直接親交のあった人たちが遺族を招いて、何がなくても桜桃をつまみながら酒を酌み交わし太宰を偲ぶ会であった。常連の参会者の中には、佐藤春夫、井伏鱒二、檀一雄、今官一、河上徹太郎、小田獄夫、野原一夫などがいる。中心になったのは亀井勝一郎で、当日の司会も昭和38年まで続けた。その間に、桜桃忌は全国から十代、二十代の若者など数百人もが集まる青春巡礼のメッカへと様変りしていった。主催も筑摩書房に移り、さらに昭和40年から桂英澄、菊田義孝といった太宰の弟子たちによる世話人会が引き継いだ。「太宰治賞」の発表と受賞者紹介が桜桃忌の席場で行われたのはこのころのことである。しかし、その世話人会も平成4年、会員の高齢化を理由に解散している。

 太宰治の死から、50年を経て、かつて桜桃忌に集った太宰ゆかりの人々の多くが故人となった。しかし、その作品は今も若い読者を惹きつけてやまず、太宰との心の語らいを求めて桜桃忌を訪れる人々は後を絶たない。
(参考文献:桂英澄『桜桃忌の三十三年』)





関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント