FC2ブログ
        

捨てちゃうのはもったいない!1株で2度おいしい! 再生豆苗の上手な育て方

2017/ 06/ 01
                 
 豆苗(とうみょう)が随分とリーズナブルな値段でずらっと並んでいましたので、1株買いました。
 ご存知の通り豆苗の栄養価(〈※〉)はとても優れています。
 そして、豆苗は自宅で簡単に栽培できる(〈※〉)ということも聞いていましたので、調理するときに「脇芽」を全て残すようにしてカットしました。

 1週間で見事に豆苗が再生されました。
 今日のお昼に使います。
 

(〈※〉)栄養価:「豆苗研究会」による
《豆苗は、さまざまな栄養素をバランス良く含んでおり、50gで、大人の女性が1食で摂るべきビタミンKを十分に、ビタミンA、葉酸、ビタミンCの7割以上を摂取することができます。
ビタミンKは骨の形成を助けるビタミンで、骨がもろくなりがちな更年期の女性に特に大切な栄養素です。
ビタミンAやビタミンCは老化の原因といわれる活性酸素を除去する作用があるため、若々しさを保つ効果が
期待できます。葉酸は、赤血球の形成を促し、妊娠中や授乳中は特に意識して摂りたい栄養素です。》


(〈※〉):再生豆苗:「豆苗研究会」による
《豆苗は葉と茎を食べ終わったあと、根を水に浸しておくと、 新しい芽が伸びて7日から10日で再収穫できます。おトク感があって、手軽なキッチン菜園として楽しめるうえに、子どもの食育にもよいと好評です。
再生栽培のコツについて、検証してみました!

 早く確実に収穫するには、脇芽の上でカットするのがおすすめです。調理でカットする場合は、この脇芽をよく確認して上の方の脇芽が残るようにカットするようにしましょう。

 「結論 再生栽培は2回まで」
栽培は水のみで!
条件が揃えば再生栽培は2回まで可能ですが、豆にカビが
生えるなど、衛生面で問題が生じがち。1回終了したら、
また新しい苗で挑戦するのがおすすめです。
使用する水は「肥料水」より「水」の方がベター。
夏場はなるべく2回以上、水を替えて!

 ・収穫量だけで見ると、「屋外」がいちばんでした。ただ天気に左右され、早く茎が固くなって食感が落ちたり、虫がついたりする心配がありました。
 ・日の当たらない室内で育てると、茎がひょろ長く、葉が小さくなり、緑も薄くなりました。
 ・「窓のある室内」で育てたものは、全体的に葉が大きく、緑も濃く、バランスが取れた状態で育ちました。

 ・「結論 日当りのいい室内がベスト!」
 ~日当りのいい室内で栽培するのが、味、栽培日数、収穫量を総合してベストでした。室内でも窓があって日当りのよい場所で再生栽培をするのがおすすめです。 ただし、豆苗の栽培は、暑すぎても寒すぎてもうまくいきませんので、夏場の直射日光は避け、明るい室内で育てましょう。

 ・1日に1回は水替えをしよう!夏は1日2回以上、そのほかの季節も1日に1回は水を替えてください。
  水替えのポイントは水の量。豆まで水に浸った状態は、豆が腐る原因になるので、根だけが浸る水位を目安に、容器に水を注いでください。
 その際、蒸発した分を足していくのではなく、水を完全に入れ替えて!
 植物の育成のために必要なものは、水・空気・光・温度。とりわけ水は大切な
要素です。きれいな水で清潔な状態を保ち、おいしい豆苗を育てましょう! 》

関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント