FC2ブログ
        

女優 大原麗子 やすらぎの郷 大道洋子

2017/ 09/ 25
                 
 大原麗子が人生を閉じる6年ほど前、彼女の衣裳部屋の壁には『孤独な鳥の、5つの条件という詩』(サン・ファン・デ・ラ・クルス.スペインの詩人)が貼ってあったそうです。

一つ 孤独な鳥は高く高く飛ぶ
二つ 孤独な鳥は仲間を求めない、同類さえ求めない
三つ 孤独な鳥は嘴を天空に向ける
四つ 孤独な鳥は決まった色をもたない
五つ 孤独な鳥はしずかに歌う

 大原麗子はこの詩を毎日眺めていたということです。



「やすらぎの郷 第125話」

栄  「あゝ、その年とった友人がな、――加納さんがどうしてやすらぎの郷を始め
    たのか、そのきっかけになったことを教えてくれた」
一同「――」

栄  「一つは勿論、姫のことさ。それともう一つはな」
一同 「――」

   間

栄  「大道洋子のことだったそうだよ」


大原麗子ー3-


   冴子。
   マヤ。
   涼子。


栄  「俺を含めて、洋子は最後みんなから孤立して、――死後一週間してアパート   で死んでいるのを発見されたじゃないか」
一同 「――」

栄  「加納さんはあいつを、娘みたいに可愛がってて、――だけどあいつが勝手に   独立して。
 ――みんながそのことで加納さんに気を使ってテレビの仕事から完全に干されたろ」
一同 「――」

栄  「加納さんはそのことにショックを受けて
  ――自分の責任を痛感したみたいだな」
一同 「――」

栄  「一時代、みんなに愛されたものが、――あんな形で死んでいいのかってね」

  マヤの目に涙が浮かんでいる。

栄  「やすらぎの郷の、それがそもそものきっかけだったらしいよ」

  涼子の目にも涙が浮かぶ。
  冴子の目もじわっとうるんでくる。

マロ 「可愛かったからなァ! あの時代の洋子は」
大納言「市川崑さんの撮った有名なウィスキーのCMがあったよなァ」

大原麗子cm-2-


マロ 「うン」
大納言「あン時の洋子はたまンなかった」


   栄。
   その耳から、オールディズが遠のいて行く。
  栄のC.U.
  洋子のCMの声が囁く。

 声 「すこし愛して
   ながーく 愛して」

大原麗子cm


  栄
  ――グラスを口へ運ぶ。
  その目から突然涙が吹き出す。
 
  はるかから流れてくるトランペットの音。




大原麗子ー4-



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント