FC2ブログ
        

シャボン玉

2017/ 10/ 09
                 
  しゃぼん玉 飛んだ

  屋根まで 飛んだ

  屋根まで 飛んで

  こわれて 消えた


  しゃぼん玉 消えた

  飛ばずに 消えた

  うまれて すぐに

  こわれて 消えた

  風 風 吹くな

  しゃぼん玉 飛ばそ




 昨日、信州からの帰り道です。
 NHKラジオの番組を聞いていたら、野口雨情の長女が生まれて七日後に亡くなり、そのときの心情を野口雨情が詩にあらわしたといわれている歌(〈※〉)ですと、女性アナウンサーが作詞の背景を説明していたのが、『シャボン玉』の歌(野口雨情作詞・中山晋平作曲)でした。

https://www.youtube.com/watch?v=4jp49MFlL4I




註〈※〉1:「シャボン玉」が雑誌(「金の塔」:仏教児童雑誌)に最初に掲載された
      のが、大正11年(1922年)。
註〈※〉2:「シャボン玉」の歌が入っている、中山晋平の譜面集「童謡小曲」が
      発表されたのが、大正12年(1923年)。
註〈※〉3:野口雨情の長女みどりが亡くなったのが、明治41年(1908年) 。
註〈※〉4:野口雨情の次女恒子が満2才(数え4才)で亡くなったのが、大正13年 
      (1924年)。
註〈※〉5:野口雨情は、昭和11年(1936年)に、次の歌詞を加えています。


    シャボン玉 飛んだ
    屋根より高く
    ふうわりふわり
    続いて飛んだ

    シャボン玉いいな
    お空にあがる
    あがっていって
    帰ってこない

    ふうわりふわり
    しゃぼん玉飛んだ




関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント