FC2ブログ
        

尊王攘夷志士四十六人像  西郷隆盛・・・  NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」

2017/ 10/ 10
                 
 《この写真は、慶応元年(一八六五年)二月、勤王志士たちが密かに長崎に集結した時の写真です。
 写真中央に写っている、ウイリアム・フルベッキ(当時五歳)の孫に当たる、中村保志孝氏が所持していたものです。・・・ 》

1.尊王攘夷志士 四十六人像 - 全体


 と、道の駅雷電くるみの里の「雷電展示館」に掲示されている写真(〈※〉)に、説明書きが添えてありました。
 何故、このような写真があるかといいますと、先の文章の後には、

 《 力士雷電為右ヱ門顕彰の碑文を書いた佐久間象山は、この半年前(元治元年七月十一日)に、尊攘派によって暗殺されました。》

 と、記されていたので、何となく、判る気も致しました。


 
  註(※〉慶応元年二月写真撮影・上野彦馬
 「上野彦馬(うえのひこま)〈1838.10.15-1904.5.22〉」
  上野彦馬写真
  《日本の「写真の祖」といわれる。 天領・長崎生まれ。 日本における最初期の写真家であり、坂本龍馬、高杉晋作、桂小五郎、伊藤博文といった幕末の志士の写真を数多く撮影したことでも知られる。 また、西南戦争の戦跡を撮影したことで日本最初の戦場カメラマン(従軍カメラマン)となる。 日本最初期の写真館(上野撮影局)の開業や、富重利平や薛信二郎などの後進の育成で、日本の写真業繁栄に多大な功績を残した。号は季渓。》




   NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(原作:林真理子、脚本:中園ミホ)は、2018年1月からスタートします。全50回の長丁場となります。
 主演は鈴木亮平。どんなドラマが展開するのか、今から楽しみです。

 その西郷隆盛ですが、写真に撮られるのが嫌いで、彼を撮った写真は現存していないというのが一般的な伝聞となっていますが、この写真には、西郷隆盛は疎か、幕末から明治にかけての超有名人物が勢揃いしています。


尊王攘夷志士 四十六人像 - 上右

尊王攘夷志士 四十六人像 - 上中

尊王攘夷志士 四十六人像 - 上左



尊王攘夷志士 四十六人像 下右

尊王攘夷志士 四十六人像 - 下中

尊王攘夷志士 四十六人像 - 下左


 あなたは、この写真に納まっている人の中で、幾何の人物像のイメージを思い描くことができますか。



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント