FC2ブログ
        

馬油 マーユ バーユ  そしてシクラメン

2017/ 12/ 08
                 
 毎年この時期になると、馬油を使うようになります。


 「マーユは何所の棚に置いてありますか。」 (私)

 「 ・・・ ・・・ 」 (お店のスタッフ)

 聞きにくかったのかと思い、あらためて
 「マーユは置いていますか!」と、きいたところ、

 「 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
   ・・・ バーユですか?」という返事。
 「バーユでしたら、こちらです。といって連れて行ってくれた先に、「馬油」商品が並んでいました。



 《[カサカサ素肌をしっとり潤す!!

     馬油の
 お取り扱いについて

  無香料・無着色・無鉱物油・日本製


  昔から人々の生活に密着し、暮らしの知恵として重宝されてきた馬油。
 馬油は、植物オイルにも含まれるαリノレン酸を含むオイルです。人間の皮脂に近いオイルのため皮膚へのなじみが素早い浸透性が特長です。

  *肌荒れを防ぐ
  *肌のキメを整える
  *皮膚を保護し、乾燥を防ぐ
  *皮膚にうるおいを与え、柔軟性を保つ 》




  12月6日は、「姉の日」でした。ちなみに「弟の日」は3月6日、兄の日は「6月6日」、「妹の日」は「9月6日」、そして、いい兄さんの日は「11月23日」です。
 

 12月7日の誕生花は「シクラメン」。
 シクラメンは、厳しい環境に置かれても耐え抜く強さをもつお花であるという特徴から、「深い愛」という意味も与えられています。
 花言葉としてのシクラメンは、その色々により殊の外異なった意味合いを持っています。他の花にはこんなに違った「花言葉」はないように感じました。
 あなたはどう思いますか。

 *赤いシクラメン:「嫉妬」
 *白いシクラメン:「清純」
 *ピンクのシクラメン:「憧れ」「内気」「はにかみ」



 我が家の愛犬「ムッチャン」の誕生日は、12月6日です。
 1986年12月6日生れですから、今年生誕31年です。 

 毎年この時期になるとシクラメンが届きます。今年のシクラメンの花の色は「赤」でした。

 シクラメン2017年12月



 あるサイトの「シクラメンの花言葉」に目が留まりました。
  《 「疑いや嫉妬という花言葉に注意しよう」

ロマンティックな愛の告白に使うお花としてもよく知られるシクラメンですが、シチュエーションによってはまれに「疑い」や「嫉妬」という意味を持つこともあります。

とくに赤いシクラメンは疑いの気持ちをあらわすことが多いので、恋人や好きな人に贈ろうと考えているときには相手に誤解を与えないように注意してくださいね。

それでも、燃えるように美しいワインレッドのシクラメンなどは冬の贈り物にはぴったりですから、信頼関係のある親しい関係であればあまり神経質になることはないでしょう。 》






関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント