FC2ブログ
        

秩父発 ジビエバーガー 皆野高生 地元企業と開発

2018/ 01/ 20
                 
  ・・・記した順序が逆になっているのでしょうが・・・
  《「商業科の生徒たちが販売する「激推(おし) イノシカバーガー」は、3月4日に「みなの美の山さくらマラソン」が開かれる皆野町役場のほか、市内にある「道の駅ちちぶ」や「地場産センター」などでも販売予定》
だそうです。



「地域貢献できるように」

 皆野町の県立皆野高の2年生13人が地元企業の力を借りて、シカやイノシシの肉を使ったハンバーガー「激推(おし) イノシカバーガー」を開発した。
 秩父地方では、野生のシカやイノシシによる農作物被害が増えていることから、同校は昨年夏から、選択授業「マーケティング」の一環で、野生動物の肉「ジビエ」を使ったハンバーガーの商品開発に乗り出した。昨年10月に秩父市内などで住民や観光客の好みを市場調査。試作では火加減が分からず肉が硬くなる失敗もあった。チーズやマヨネーズを加えて肉の臭みを消すなどの工夫を重ねた。
 完成したハンバーガーは、シカ6対イノシシ4のあいびき肉を使用。デミグラスソースで味付けし、パンには地元産そば粉を入れた。ジビエの提供は小鹿野町の「肉の宝屋」、ハンバーガー調理は秩父市の「菓子工房橋本」と、いずれも同校OBが経営する企業が協力。肉の宝屋の内田社長(46)は「生徒たちに、ものづくりの大切さを学んでほしい」と語った。
 15日には同校で試食会が開かれた。13人のサブリーダーを務めた藤原カンナさん(17)は「企業の協力もあって、おいしいハンバーガーができあがった。たくさん売って地域に貢献できるよう頑張ります」と話した。
 価格は500円(税込み)の予定。21日午前11時半から2時間、長瀞町の宝登山神社境内にある「ヤマブ宝登山売店」で50個限定で売り出す。2月17日には秩父市の八尾百貨店でも午前10時から2時間、販売する。

 2018年(平成30年)1月19日(金曜日) 讀賣新聞 埼玉 地域 26


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント