FC2ブログ
        

電子レンジで目玉焼き 油を使わないから・・・

2018/ 01/ 22
                 
 熱したフライパンに油(「※」)を入れ、口の広い小振りの皿に入れていた生卵をそっとフライパンに落とし、その後、フライパンの端からほんのちょっと水を加え、フタをしてから10くらい数えて(室内温度が季節により変わりますので、カウント数が状況により異なります。)、火を止めて出来上がり。
 ・・・というのが、今までの目玉焼きの作り方でした。

 油を使わず、あれこれの手順を少なくして、なおかつ、出来具合にムラが生じない目玉焼きの作り方を考えてみました。私は黄味がほんのちょっと柔らかめが好みです。
 毎朝、目玉焼きは作るので、その都度、油は使います。1年365回、朝の目玉焼きを作るのに油を使わなければ、その分、油の摂取量が減るということになります。

 先日、電子レンジを新しいのに変えました。
 レシピをみたのですが、目玉焼きの作り方は載っていませんでした。

 インターネットを使って、検索してみました。
 作り方が仰山出てきました。
 それらを参考にして私なりの作り方が決まりました。

 ・生卵を口の広い小さめな皿に入れる。
 ・ほんのちょっと水を加える。(小さじ1/3ほど)
 ・爪楊枝で黄味を3回ほどつっついておく。白身は4回ほど小振りのフォークや割り箸で解しておく。
 ・小皿にラップをかぶせる。(空気の出入りができるようにしておく。)
 ・電子レンジ(600℃)で、1分にセットしてから、小皿をレンジに入れる。
 ・電子レンジをオンにして31秒経過してから、一度開けて、小皿の向きを反対方向に変えて(レンジオフのタイムが、ちょっと冷める時間となります)、再び閉めてからオンにする。残り5秒になったらオフにすると出来上がり。



メモ(「※:油」:目玉焼きに使っていた油は、「エキストラバージンオリーブオイル」と記されていますが、リーズナブルなお値段ということもあって、純正100%ものかな?・・・混じり物では?・・・という感が否めません。
ということもあり、サラダドレッシングなどに使う「エキストラバージンオリーブオイル」は、スペイン産の「MUELOLIVA Picuda」の品を使っています。
 その二つの「エキストラバージンオリーブオイル」ですが、こういった寒い時期は凍っていて白濁状態になっていますので、そういう意味では正真正銘の「オリーブオイル」だと思っています。

関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント