FC2ブログ
        

高田馬場  講談師の講釈から・・・

2018/ 02/ 11
                 

 高田馬場には、銀行が幾つくらいあるのでしょうか。
 
 ところで、高田馬場の読み方ですが、あなたは、何と読みますか。
 「タカダノババ」ですか、それとも「タカタノババ」ですか。
 海外送金したりするとき、「TAKADANOBABA-Branch」、と、「TAKATANOBABA-Branch」を間違えると、アウトですね。

 三菱東京UFJ銀行と、みずほ銀行は、「TAKATANOBABA」の表記で、三井住友銀行と、りそな銀行は、「TAKADANOBABA」の表記になっています。


 ちなみに、講談界では「タカタノババ」で、落語界では「タカダノババ」というそうです。
 講談師で人間国宝の六代目一龍斎貞水(いちりゅうさいていすい)の弟子、一龍斎貞橘 (ていきつ)〈※〉が、第18回おおとり寄席での講釈の時に知識の広いところをお披露目されていました。



註〈※〉一龍斎貞橘:平成25年(2013年)、真打昇進。六代目貞水門下では、初の男性真打。また、「一龍斎」では貞山以来36年振りの男性真打。
 この日は、講談師室井琴柑(むろいきんかん)の、「講談って?」のプチ講座から始まりました。
 寄席のハナは、落語家春風亭一之輔(しゅんぷうていいちのすけ)の弟子、きいちの前座から始まって、一龍斎貞橘の講談、15分の休憩を挟んで、トークコーナー「春風亭一之輔 × 一龍斎貞橘」と続き、そして、春風亭一之輔の落語で緞帳がおりました。

 そうそう、一龍斎貞橘と、春風亭一之輔は、日本大学芸術学部放送学科の同期生とのことでした。貞橘は大学4年時に六代目一龍斎貞水へ入門、一之輔は卒業してから春風亭一朝に入門しましたので、プロの世界では、貞橘が1年先輩になります。

 もりあがったトークコーナーでのお披露目を上手に使い、この夜の飲み代は、1年先輩の貞橘さんが持つ・・・ことを、一之輔さんはお客さんを前にして約束をとりつけていましたっけ。


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント