FC2ブログ
        

玉原高原 鹿俣山

2018/ 03/ 13
                 
 
 パソコンの置いてある部屋の幾つかある本棚の中の書籍の一冊に、『創立二十周年記念誌 みんなで歩いた 埼玉百山』(平成26年11月刊行) があります。
 編集後記には、〈 この記念誌は、2010年6月から2014年4月まで約4年間かけて浦和市部の皆さんが、延べ965名で歩き、担当筆者の方からいただきました貴重な山行紀行文であります。・・・〉と記されています。

   埼玉百山

 
 この本をパラパラとめくっていましたら、突如として我が家の愛犬ムッちゃんとの家族三人での高原での思い出がフツフツと蘇ってきました。
 峰の原高原(みねのはらこうげん・標高1,400m~1,600m)に行ったときは、いつも泊まり込みで出かけました。
 目の前に、四阿山(あずまやさん・標高2,354m)と根子岳(ねこだけ・標高2,207m)がその華麗な姿をみせています。
 玉原高原(たんばらこうげん・標高1,200m~1,550m)には、最初の頃は泊まり込みで出かけていましたが、わが家から比較的近いということもあり、あることをきっかけとして日帰りでの旅行を繰り返すことになりました。
 玉原湿原からは、尼ヶ禿山(あまがはげやま・標高1,466m)、鹿俣山(かのまたやま.標高1,637m)の二つの山を身近に眺めることができます。


 この四つの山のうち、2回登ったのが鹿俣山です。
 何故だか知らん、最初の登山の時は、ムッちゃんと私の二人での山行となりました。
 この日、早朝、ムッちゃんと私はほぼ同時にパッチリと目が覚めました。そして二人の目と目が合いました。そうです。彼の好きな「オサンポ」のアイコンタクトです。

 二人で音をたてないようにそっと扉を開けて外に出ました。
 清々しい朝の空気です。
 どんどんどんどん上へ上へと登っていきます。ふと振り返ってみると、いつのまにか随分と上の方まで来ていたことに気づきます。
 時計をみたらまだまだ朝早い時間です。MUCCHANとまた目が合いました。山頂まで行こうか! 彼は尻尾を大きく左右に何回も振ります。よし決まりです。


 山頂につきました。
 私たちは意気揚々と帰りの途につきました。


 8時前にはちゃんとペンションに戻り、三人で朝食を美味しく頂きました。
 (すくなくとも二人にとっては、この上もない美味しい美味しい朝ごはんとなったのです。)



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント