FC2ブログ
        

安曇野の白鳥は、180羽 3月14日

2018/ 03/ 16
                 
 冬の風物詩となっている安曇野の白鳥は、ポカポカ陽気となった3月14日現在、市内全体では180羽となっています。

 今シーズンの初飛来は、2017年10月19日です。白鳥が安曇野を訪れてから34シーズンを数えています。

 3月に入ってからの安曇野市内全体の白鳥の数は、5日360羽、10日309羽、そして14日180羽となっています。


 (3月10日、「白鳥湖」と「御宝田遊水池」の白鳥を見に行きました。
 当日の白鳥飛来数ですが、「アルプス白鳥の会」記録では「犀川白鳥湖」は253羽、市全体で309羽となっていた一方で、「御宝田白鳥の会」記録では「御宝田遊水池」の飛来数は105羽となっていました。私たちが御宝田遊水池を訪れた時は遅い午後だったこともあり、たくさんの水鳥たちに混ざって見かけた白鳥の姿は5羽でした。餌を求めてあちこち飛び交っていますので、飛来数を正しくカウントするのはむつかしいのでしょうね。因みに1月11日の白鳥飛来数は市全体で369羽、そのうち御宝田遊水池〈「御宝田遊水池白鳥の会調べ」で127羽となっていました。)


   3-5 御宝田遊水地

御宝田遊水池 20180111
 (「御宝田遊水池」2018年1月11日)

犀川白鳥湖 20180111
 (「犀川白鳥湖」2018年1月11日) 

関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント