FC2ブログ
        

女流落語家 女流講談師

2018/ 04/ 24
                 
 講談協会オフィシャルサイトを見ると、42人の講談師(〈※①〉)の名前が載っています。
 女流講談師は25人を数えています。
 講談も東京落語と同じく、前座、二つ目、真打という階段を設けています。

 (〈註①:
 ・真打30人(女流15人)
 ・二つ目8人(女流7人)
 ・前座4人(女流3人)〉)

 講談協会も落語団体と同じく、まさに逆ピラミッドの人数構成となっていました。
 その落語、東京では、落語協会、落語芸術協会、圓楽一門会、落語立川流の4つの団体が活動しています。
 上方落語協会にも多くの女流落語家の名前が載っていますが、圓楽一門会だけが唯一女流落語家が存在していません。
 
 その女流落語家の人数ですが、手元にある資料をみると、落語協会17人、落語芸術協会8人、落語立川流4人、上方落語協会18人となっています。
 総勢47人の女流落語家の名前が記されている落語団体。
 「週刊ダイヤモンド」の特集記事によると、東京の落語家545人の内訳をみると、前座75名、二つ目118人、真打352人となっています。
 上方落語の246人を加えると791人となります。
 落語家に占める女流落語家の割合は、およそ6分となっていて、講談界のそれと比べると、まだまだいまだしとはいえます。

 が、女流落語家のプロフィールを覗き見ると、大学卒の人たちも多くなっているという事実に目がいきます。
 何しろ、東京大学を卒業してから社会人になって、それから落語の世界に入るという噺家もいるのですから、何があっても当たり前の時代にはなっているわけです。

 その女流落語家、日本大学、学習院大学、中央大学、立教大学、東洋大学など、誰でも知っている大学を卒業しています。

そうそう、そういえば、立教大学を出た、春風亭一花(しゅんぷうてい いちはな)さんは、この3月21日に二つ目昇進となり、各寄席でのお披露目(〈※②〉)が続いています。
 私は、浅草演芸ホールで、一花さんの前座での寄席は遠席から眺め、今回の二つ目のお披露目の高座のときは、最前列でその姿をとくと刻むことができました。

1浅草演芸ホール プログラム


 (〈註②:
・3月21日〜30日 鈴本演芸場 夜席
・4月 1日〜10日 池袋演芸場 昼席
・4月11日〜20日 浅草演芸ホール 夜席
・4月21日〜30日 新宿末廣亭 昼席〉)


 もう一つお伝えしておきたいことがありました。
 前座の、金原亭乃ゝ香(きんげんてい ののか)さん、この春、東洋大学を卒業しました。
 卒業祝いのプレゼント品に記されたイニシャルをみると、Yukie T.と読むことができます。プロフィールには載っていない本名も浮かび上がってきましたね。

  金原亭乃ゝ香 




関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント