FC2ブログ
        

キウイフルーツの花

2018/ 05/ 05
                 
 5月4日。

 キウイフルーツの花が咲いているよ。と家人。

  2 キウイフルーツの花


 花は咲きますが、実をつけなくなったキウイフルーツ。

  1 キウイフルーツの花

 

 プチサクランボは、ヒヨドリとのとりあい合戦終盤となっています。

  1 プチサクランボ 20180502


 もう、そろそろお終いです。

  3 プチサクランボ 20180502





   テーマアップを一つしました。
 
 埼玉県下の「獅子舞略縁起」について調べてみたいと思いました。

 国立民族学博物館「研究報告 2001 26巻2号」201ページに、『獅子舞略縁起』(埼玉県立民俗文化センター1985:182-184) などがある。と記されています。
 鴻巣にも「原馬室獅子舞略縁起(写)」(一巻 原本タテ28cm、ヨコ15m)がありますので、埼玉県立歴史と民俗の博物館(「埼玉県立博物館」と「埼玉県立民俗文化センター」が2006年に統合)に、件(くだん)のことの問い合わせを電話でしました。

 その一。『獅子舞略縁起』に書かれている文章や、当該写真は掲載されていないこと。
 そのニ。県立図書館では、関連図書をまとめて調べることができること。
 その三。その地域の教育委員会に問い合わせすれば、その所在が詳らかになる可能性があること。
 その四。教育委員会に該当するものがなかったとしても、場合によっては、その所在先があきらかになる可能性が期待されること。場合によっては問い合わせ先が判るかも・・・。
 その五。具体的に資料名を伝えてから質問をすると、適切な回答が得られやすくなること。(例えば、さいたま市であるならば、「獅子舞の伝承と分布」〈昭和67年〉、「さいたま市文化財調査」〈第8号 2007年〉といったようなこと。)
 その六。巻物は、保管する桐箱を開けると目が瞑れるといって、忌まれること。
 などを、職員の方から丁寧に教えて頂きました。

 いまのところ、「獅子舞略縁起」の巻物が現存すると期待できる地域は、さいたま市北区の今羽(こんば)、皆野町、そして鴻巣市原馬室です。
 鴻巣の「原馬室獅子舞略縁起(写)」は、「原馬室獅子舞棒術保存会」が管理しているようですが、市の教育委員会に、その文章や巻物全掲写真が保管されていれば、そのものをコピーするか写真に収めれば、目的は達成できます。

 同様に、さいたま市教育委員会、皆野町教育委員会に問い合わせをすることにしました。



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント