FC2ブログ
        

行田市 田んぼアートは「ナスカ」

2018/ 06/ 02
                 

 「ペルー大使館」後援、「山形大学ナスカ研究所」協力による、田んぼアート「大いなる翼とナスカの地上絵」。
2015年に「最大の田んぼアート」としてギネス世界記録TM(公式認定記録:27,195平方メートル)に認定された行田の水田に、今年も世界最大の田んぼアートが出現します。
 11年目を迎える今年の田んぼアートは、中央に大きなコンドルを描き、左下に地上絵のコンドル、中央下にハチドリをあしらい、行田市のシンボル「古代蓮」を添えています。
 8種類の色違いの稲を育て、コンピューターによる遠近法を駆使して制作。今年は2色の稲を混ぜて微妙な色合いを出す技術に初挑戦しますとのことです。
 6月16日、17日に計約1,000人の市民等が参加して田植えを行います。
 7月中旬から見頃になり、10月中旬頃まで楽しめるそうです。
 地上約50メートルの高さの、古代蓮の里(〈※〉)タワーの展望室から、まさに、ナスカの地上絵を見るごとく、その全貌を眺めることができます。



(〈註〉古代蓮の里:
  行田市小針2375-1
  古代蓮会館電話:048-559-0770 )

園内には行田蓮(古代蓮)が10万株植えられています。
世界の蓮園では40種類の花蓮(2万株)が咲き競います。
蓮の開花時期は、6月下旬から8月上旬までです。
蓮の花は、早朝からゆっくり開きはじめて、午前8時ごろいっぱいに開きます。そして、昼頃には閉じてしまいます。
午前中が見頃となるそうです。


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント