FC2ブログ
        

手元に残す本なのかどうか・・・ 断捨離 中国艶ばなし

2018/ 06/ 14
                 
 
  金瓶梅(〈※1〉)は、四大奇書(〈※2〉)の一つというのは、ご存知のことと思いますが、杏花天、浪史奇観、如意君伝、繍榻野史などの本の名前は聞いたことがありますか。
 何れも、知る人ぞ知る、中国艶笑文学書として知られています。

 永井荷風に傾倒し「荷風論」を著した奥野信太郎ですが、中国文学の第一人者として世に知られていました。難解な中国古典を紐解く傍ら、こんな艶ばなしも書き著していたのです。




  手元に残す本の多いこと。

 この本はどうしようかなと、迷う本も少なからずあります。

 奥野信太郎が書き著した「中国艶ばなし」。文藝春秋社から、1963年12月20日に初版が発行されています。
 前回の東京オリンピックは1964年に開催されましたから、その前年というと、かれこれ55年が経っているということになります。
 その年、私は何歳だったのかなとふと思ってもみたりしました。

 帯カバーには、「エロチックで人間味あふれる中国の珍奇な艶ばなしを満載した爆笑読本」と記されています。

 目次は20の項目が記されています。
 ついついその項目をここに列記してみたい誘惑にかられましたが、やめておきますね。




〈註1:金瓶梅(きんぺいばい)

 ・広辞苑第七版:きんぺいばい【金瓶梅】
 明代の長編小説。四大奇書の一つ。100回。蘭陵の笑笑生の作。作者は王世貞など諸説あるが不明。万暦(1573-1620)中期成る。水滸伝中の武松の物語をもとに、富豪西門慶に毒婦潘金蓮を配して家庭の淫蕩(いんとう)で紊乱(びんらん)した状態を描き、それを通じて明代政治の腐敗、富豪階級の頽廃を活写する。金瓶梅詞話。

 ・ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
  :金瓶梅:きんぺいばい:Jin-ping-mei
 中国,明の口語章回小説。作者未詳。 100回。 16世紀末頃成立。『水滸伝』から西門慶と潘金蓮の密通のエピソードを借りて発端とし,そこから色と欲の世界を繰広げた小説。山東の豪商西門慶があらゆる不正な手段を用いて富と権勢を手に入れ,彼を取巻く女性たちと悦楽の限りを尽すが,ついに淫薬を飲みすぎて急死するというのがあらすじで,書名は主要な3女性潘金蓮,李瓶児,龐春梅から1字ずつとったもの。その露骨な性描写はたび重なる発禁を招いたが,宋に時代を借りつつ実は当時の社会風俗を浮彫りにし,そこにうごめく人間の欲望を赤裸々に描き出した筆力は凡庸なものではない。 〉



〈註2:四大奇書(しだいきしょ〉

 ・広辞苑第七版:しだいきしょ【四大奇書】
 中国明代の長編小説、水滸伝・三国志演義・西遊記・金瓶梅の四書をいう。

 ・日本大百科全書(ニッポニカ):四大奇書・しだいきしょ
 明(みん)の万暦年間(1573~1619)までに完成をみた中国章回(長編)小説の傑作、『水滸伝(すいこでん)』『三国志演義(さんごくしえんぎ)』『西遊記(さいゆうき)』『金瓶梅(きんぺいばい)』の総称。『水滸伝』は魯智深(ろちしん)・武松(ぶしょう)ら緑林(りょくりん)英雄の世界を、『三国志演義』は群雄割拠の時代の歴史を、『西遊記』は西天取経の旅における孫悟空(そんごくう)の妖怪(ようかい)退治を、『金瓶梅』は悪徳商人西門慶(さいもんけい)を中心とする色と金の世界をと、それぞれ異なったジャンルにユニークな主役・脇役(わきやく)を配して描いており、中国のみならず日本でも広く愛好されている。[大塚秀高]
 . 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)/日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント