FC2ブログ
        

川越のうなぎ 小川藤(おがとう) 創業95年 備長炭使用 

2018/ 06/ 25
                 
  花筏(新河岸川)
 68花筏





 過日、川越のうなぎ処「小川藤(おがとう)」の暖簾をくぐりました。

 67小川藤



 小江戸川越には、創業以来百年を超えるうなぎ屋さんが、3軒あります。

 「小川菊(おがきく)」は、文化4年(1807年)創業、
 「いちのや」は、天保3年(1832年)創業、
 「東屋」は、明治元年(1868年)創業、
 と、それぞれ創業以来、211年、186年、150年の歴史を辿っています。

 「小川藤(おがとう)」は、川越のうなぎ屋で一番古い「小川菊」から大正12年(1923年)暖簾を分けて開業しました。
 今年で、創業95年を迎えました。
 小川藤も小川菊と同じく、紀州備長炭を使っています。

 65紀州備長炭


 入口に貼ってあるメニューも、店内のお品書きも、中国語の表記が目につきました。

 63お品書き表紙


 64お品書き



 蒸す、焼くの基本は、小川菊をそのまま受け継いでいました。

 61肝吸い

 62うな重

 

   
 小川藤 (おがとう)

  川越市松江町2-3-1
  tel 049-222-0643
  営業時間 11:30~15:00(L.O.14:45)
  ・定休日火曜日 ・席数36席
  ・駐車場無→コインパーキングと提携(1時間無料)

 66小川藤




関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント