FC2ブログ
        

御朱印とは 京都七福神巡り

2018/ 07/ 16
                 
 2017年1月、滋賀と京都に行きました。
 その折り、「都七福神まいり」のバスツアーに加わりました。ドライバー、ガイドさん含めて19名のアトホームなグループです。
 バスに乗っている間は雪がちらつきましたが、降車するときはいつも雪は止んでいるといった状態の一日なりました。
 京都の六つのお寺と一つの神社に、七つの神様をお詣りしました。巡った順序
は、松ヶ崎大黒天(大黒天)、赤山禅院(福禄寿.唯一、お寺でもあり神社でもある院〈寺社登録〉)、革堂 行願寺(こうどう ぎょうがんじ.寿老神)、東寺(毘沙門天)、六波羅探題(弁財天.唯一、女の神様)、ゑびす神社(ゑびす神.唯一、日本古来の神様)、満福寺(布袋尊)でした。

 ガイドさんに案内される都度に、女性二人連れの動きが目に留まりました。
 御朱印帳に朱印して頂いているのでした。

 巡った七か所の終わりの満福寺で、母のところに一つ、我が家に一つ、「都七福神の色紙」を求めました。

  京都七福神 色紙




  御朱印とは:御朱印辞典

  「御朱印とは」
その昔、写経をおさめた証としてお寺よりいただいた受付印が現在の御朱印に繋がります。
そのため、現在でも御朱印帳が納経帖や納経印ともいわれ、お寺のお坊さんや神社の神職につかえる方より押印と墨書きをいただくのが一般的となりました。
観光寺や大きな神社に訪れる方のなかには、観光地でもらえる記念スタンプと同じようにとらえる方もみえますが、前項の意味を理解し御朱印が尊いものであることととらえましょう。
社寺それぞれに異なる特長的な御朱印は、お守りやお札と同様にご神体やご本尊の分身になり、神棚や仏壇にあげている方も少なくありません。決して粗末に扱わないように心がけましょう。
また、御朱印はメモ帳やスタンプ帳などではなく、墨書きや押印が滲まず裏写りしない御朱印帳にいただくようにしましょう。
オリジナルの御朱印帳を用意している社寺もありますが、最近では御朱印巡りがより楽しくなる可愛いデザインやカッコイイデザインの御朱印帳も販売されているようです。


 「御朱印のはじまり」
起源には諸説あるようですが、西国三十三所霊場詣や四国八十八箇所霊場詣、七福神めぐりなどに代表される巡礼と密接な関係にあったことは確かです。


  御朱印帳表紙_


  

関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント