FC2ブログ
        

平成30年8月19日 原馬室祭典獅子舞棒術

2018/ 08/ 09
                 
 平成27年から奉納時間が変わった「原馬室祭典獅子舞棒術」。
 (昭和47年までは、8月17日と18日の2日間開催されていましたが、翌年から、8月18日に近い日曜日の1回開催となりました。)
 「原馬室祭典獅子舞棒術」の特徴の一つとして、年ごとに、五社(愛宕神社、雷電社、野宮神社、権現氷川神社、小松原神社)の一つが担当区になっているということです。(昭和47年までは、毎年五社巡っていました。)
 ちなみに、私が初見した平成27年8月23日は、権現氷川神社、二度目の平成28年8月21日は愛宕神社からの獅子舞奉納となりました。
そして今年、平成30年は、雷電社が午後3時から、観音堂が午後5時から奉納となっています。
 

 あたご公民館敷地入り口横の自治会掲示板に、「原馬室祭典獅子舞棒術」のポスターが貼ってありました。
 「役者募集のお知らせ」が、目につきました。
 獅子・笛・棒術役者.年齢・性別不問.と明記されていました。
  私が申込みをするならば、「笛」ですが、年齢不問といっても、そこそこ歳はとっているという自覚があります。そして一番問題とするところは、この地域の住人ではないということ。
 このところ日本のあちこちで、お神輿を担ぐ人を広く世間に募集中という話もききますが、さて、原馬室地区ではどうでしょうか・・・


  原馬室祭典獅子舞棒術


 
 《アクセス:》
  ・原馬室観音堂:埼玉県鴻巣市原馬室1282
   (駐車場:原馬室3156-3.鴻巣典礼センターP.℡048-542-8515.100台)
   ⇒最寄バス停「観音堂」(コミュニティバス・フラワー号「馬室コース」)
  ・雷電社:「原馬室観音堂」から南方面に700mほど.「妙薬寺バス停」から西方面に250mほど.




 
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント