FC2ブログ
        

ムッちゃんとの初めての信州3泊4日の旅

2018/ 08/ 23
                 

 昭和から平成に変わった年の1989年8月、3人では初めてのお泊り旅行にでかけました。
 行先は信州です。
 ムッちゃんは甲斐犬とシェパードとのミックス犬です。
 彼が我が家の住人になったのが、1歳半になった年の1988年6月4日(土)でした。
 
 8月16日(水)、自宅から関越自動車道の東松山ICに入り、藤岡ICを降りて、一路信州に向かうというルートを辿りました。
(上信越自動車道の、藤岡ICと佐久ICの間が開通したのが1993年です。)
 国道254号線のルートから、上州の富岡、安中に入ります。そして信州の中込、浅科、望月、立科を経由して、平井寺トンネルを通って古安曽に。
 龍光院で昼食(山菜膳・予約)をとり、前山寺へ。三重塔(国の重要文化財)を観た後で、知る人ぞ知る「くるみおはぎ」(予約)を頂きました。

 歴史の深い塩田平のルートは、更に塩田城跡、安楽寺(国宝八角三重塔)、大宝寺(見返りの塔〈国宝三重塔〉)、を観て、修那羅峠の石仏群まで足を延ばしました。

 修那羅峠でそこそこ歩いたのちに、今夜の宿泊地に向かいました。
 松本街道を使い、上田、真田、菅平口、菅平、そして、峰の原ペンション村へと急ぎます。

 1泊目は、ペンション青い鳥です。
 今度の旅行に出かける前に、ペットと泊まれるペンションの本を数冊買いました。
 犬と泊まれるペンションが一番多かったところが、信州の峰の原ペンション村でした。
 私たち二人が結婚前に、何回か信州で出会っていたということもあり、行く先に信州を選ぶことは自然の成り行きでもあったのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント