FC2ブログ
        

天皇陛下御即位三十年記念 神社めぐり 下名栗諏訪神社

2018/ 08/ 27
                 


 『風土記稿』に「村中の鎮守」と書かれている、下名栗諏訪神社の創祀は、「人皇九五代花園天皇の御代正和三年鎮座」〈※〉と社記により伝えられています。

・主祭神:建御名方命(たけみなかたのみこと)
・御神徳:氏子繁栄・国家安泰・五穀豊穣.
・神紋:三つ巴
・鎮座地:埼玉県飯能市下名栗1049
・下名栗諏訪神社の獅子舞は、県無形民俗文化財です。
 〈※:「花園天皇の御代正和(しょうわ)三年」:1312年3月20日~1317年2月3日。出処「デジタル大辞泉」〉


 下名栗諏訪神社

 1-1下名栗諏訪神社本殿ー1-

 1-2下名栗諏訪神社本殿 奉祝 天皇陛下御即位三十年



 下名栗諏訪神社紋「三つ巴」

 4下名栗諏訪神社紋 三つ巴瓦 


 5下名栗諏訪神社紋 三つ巴



 下名栗諏訪神社は、宮司が不在とのことでしたが、何処かの神社の宮司を任じている神職が奉じていると思われます。
 獅子舞開催日の2018年8月25日(揃い)と26日(例大祭)の両日、御朱印を拝受しました。 一年に一度の獅子舞ですが、「天皇陛下御即位三十年記念」の17の神社めぐりは、下名栗諏訪神社も名を連ねているというものの、前にも先にも唯一回限りのこと故に、結果として、御朱印の発行が三つのかたちのものとなったようです。
 何れにせよ、平成三十年八月二十六日・平成三十年八月二十五日の日付は記されていませんでした。



 
 下名栗諏訪神社御朱印

 ・平成30年8月26日
  14 下名栗諏訪神社 御朱印


 ・平成30年8月25日
  14-2 諏訪神社 御朱印


 ・平成30年8月25日
  14-3 諏訪神社宮司之印 御朱印



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント