FC2ブログ
        

築地魚がし横丁「高はし」 さんまの塩焼き・穴子丼 

2018/ 09/ 17
                 


 
 ふっとあいた一日。
 雨の中、上京。
 築地魚がし横丁。
 「磯野家」(10号館2f)、玉川食堂(8号館)、大江戸食堂(8号館)、「仲家」(8号館)、みな店仕舞いしていました。
 「小田保」(6号館)、「和食かとう」(8号館)、そして「高はし」(8号館)は営業中でした。

 1-2高はし




  今までは築地といえば「すし」をつまみに。と、頑なに思い込んでいたのですが、今回は和食処に的を絞りました。
 焼いたさんまが無性に食べたくなったということも、理由の一つです。
 「高はし」のお品書きに載っていました。
 食べるからには、焼き魚と魚の煮つけと、両方です。
 
  そういえば、この日は三連休初日の土曜日でした。
朝からどれくらいの時間、雨の中並んで待っていたでしょうか。

 1高はし 並ぶ

 穴子丼



 並んで待っていた私の前の男女二人づれのお客様が、件の焼き魚と煮つけを美味しそうに頬張っていたのを横目に、 私が注文できたのは、穴子丼とトリガイの刺身でした。

 3-2 メニュー


4-1

 6トリ貝 -

 8-2穴子丼



 丼物を食べに築地まで足をはこんだつもりはなかったのですけれど。

 築地場外市場の、「鯨の登美粋(とみすい)」にも行って、刺身やステーキなども食べたかったのですがね。
というのも、「高はし」での待ち時間が長かったことにより、本日の目的地、急きょ参加できた、銀座でお昼からの飲み会に遅刻するわけにはまいりませんので、已む無く断念せざるを得なかったのでした。

 

 豊洲市場での「高はし」の営業政策は、ご覧のとおりとなります。
 自分の気に入った料理を食べることが出来るのは、まもなくお仕舞いとなります。

7 豊洲市場へ


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント